ブランクありの看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? ブランクのある看護師に関する記事一覧

うつで退職した看護師、ブランク後の再就職はどんなことに気を付ければいいの?

うつで退職した看護師、ブランク後の再就職はどんなことに気を付ければいいの?

看護師はうつ(うつ病やうつ状態)になりやすい仕事だと言われています。看護師には仕事を通してうつになってしまい退職を余儀なくされる人もいます。

うつで退職した看護師がブランク(休職期間)を経て看護師の仕事に再就職しようとしたとき、職場探しではどんなことに気を付ければいいのでしょうか?

看護師が“うつ”になりやすいのはどうして?

まずはどうして看護師がうつになりやすいのか、よくある要因を見てみましょう。要因を知ることができれば、次に看護師としてお仕事をする時に何に気を付ければ良いかが見えてきますよ。

命に関わるという仕事だからプレッシャーやストレスが強い

命に関わるという仕事だからプレッシャーやストレスが強い

看護師は医療行為を扱う仕事です。直接的にも間接的にも命に関わる仕事だと言えます。一つ一つの行為が命に係わるという緊張感やストレスがつきまとう仕事です。

看護師は仕事上、高い緊張やストレスが続くためどうしても精神的に疲弊しやすく、うつに陥りやすいと言われています。

また、看護師の仕事をきっちりしようとする人は責任感が強く、自分のミスを許せなかったり自分を責めたり自分に妥協を許せないこともあります。このように自分を追い込むタイプもうつになりやすいと言われています。

患者さん達に同調しやすい看護師もうつにおちいりやすいと言われています。

救急やがん病棟・緩和ケア病棟・精神科病棟などでは患者さんやその家族が強い精神的ストレスや心の病を抱えていますが、そういった患者さん達に同調しやすい看護師もうつにおちいりやすいと言われています。

職場での人間関係に苦しむ場合

職場での人間関係に苦しむ場合も。

先ほどお話した命に関わるという看護師の仕事の特徴のため、時には看護師の職場はお互いの間違いを指摘し合ったり責め合うような厳しい人間関係となっていることがあります。

また、時には上司や医師・患者さん・患者さんのご家族など仕事に関わる人々からも間違いを指摘されたり厳しい目で見られることもあります。

このようにずっと周囲の人から責められ続けていると感じると強いストレスを受け続けることになり、うつになりやすいと言われています。

新卒や転職したばかりの頃には、職場の雰囲気や業務になじめずに孤独感を感じたりストレスを感じてうつになることもあります。

体力的にきつい、疲労が蓄積しやすい

体力的にきつい、疲労が蓄積しやすい、疲れているのに眠れない…うつの危険信号です。

看護師は職場によっては夜勤があったり残業が多かったりバタバタ走り回ったりと体力的にもタフさが求められます。

体の疲労が溜まった状態が続くと精神的にもだんだん消耗し疲弊してしまい、うつになりやすいと言われています。

ブランクからの復帰にはここに気を付けて

まずは医師やカウンセラーや家族との相談が大事

まずは医師やカウンセラーや家族との相談が大事

うつになった要因が看護師という仕事や職場だと考えられる方の場合は、再就職するということはその要因が潜んでいる可能性がある場所で働くわけです。

再就職を決めるには、まずは医師やカウンセラー、あなたを支える家族と相談することが大切です。特に医師やカウンセラーとは再就職後も関係を保つことが大切です。

焦らないこと、自分を許すこと

焦らないこと、自分を許すことが大事

うつになっても看護師免許がなくなるわけではありません。また、看護師が求められている職場は多様化しているので、あなたがストレスを感じにくい職場もあることでしょう。

「焦らなくても仕事はある」「辛くなったらいつ辞めてもいい」くらい、ゆとりを持った心持ちで再就職を考えましょう

相談できる人・場所を持つ

相談できる人・場所を持つことが大事

家族・友人など相談できる相手を持ち続けるのも良いですし、SNSやブログのように匿名で自分の思いを吐き出すことができる場所を持つのも良いかもしれません。

あなたが一人で辛い思いを抱え込まないようにすることが大切です。

あなたが一人で辛い思いを抱え込まないようにすることが大切

また、再就職する前に「うつになったことを知られたくない」とか「うつだとわかると迷惑をかけるのでは」などど考えず、再就職先ともあなたのうつについてしっかり相談しておくことが大切です。

うつで退職した看護師がブランク後に選びたい職場

プレッシャーやストレスが少ない職場

プレッシャーやストレスが少ない職場は?

命に関わる行為をしているというプレッシャーがあるとどうしてもストレスが高くなります。ですから、以前にうつになった時の職場よりもそういったストレスが少ない職場がお勧めです。

また、命の危険が少ないとしても、小児科や産科・精神科などは患者さん(妊産婦)や家族の対応に神経を使いますので、そういった職場は避けたほうが賢明かもしれません。

様々なプレッシャーが少なそうな職場としては、例えば比較的軽傷を扱うクリニックや療養型の病院、健康な人が訪れる健診系クリニック、企業の保健室などがあります。

職場の雰囲気が暖かい・同僚との穏やかな人間関係が持てそうな職場

職場の雰囲気が暖かい・同僚との穏やかな人間関係が持てそうな職場が良い!

再就職する前に知っておきたいのは職場の人間関係や雰囲気です。一般によく言われるのは救急・集中治療系・外科系・手術室などの急性期系の職場では職場の人間関係が非常にシビアになりやすいと言われています。

また、産科では助産師と看護師との人間関係が難しくなりやすいと言われています。

再就職前にはぜひ職場の人間関係や雰囲気について情報を得ておきましょう。また、あなたが信頼・相談できるような友人や先輩がいる職場に勤めるのもいいかもしれませんね。

勤務時間が短い職場・体力的に楽な職場・休みが取りやすい職場

勤務時間が短い職場・体力的に楽な職場・休みが取りやすい職場が良い!

体力的に疲弊すると精神的にも消耗しやすいのはうつの要因のところでお話したとおりです。ですから、再就職には体力的に楽な職場や勤務時間が短い職場や、業務内容を確認して仕事が軽い職場から始めたほうが良いかもしれません。

何かあったときに休みが取りやすい職場が良い!

また、年休取得率や残業時間なども確認して、勤務時間が長くならず何かあったときに休みが取りやすい職場を選びましょう。

まとめ

どうでしたか?あなたが退職した要因は何だったでしょうか?どんなことに気を付ければ再就職を成功させられそうでしたか?

うつのために退職したあなたがせっかく勇気を持って再就職しようとしているんですから、ぜひとも再就職に成功していただいて、あなたに看護師として働く喜びを感じていただきたいです。

あなたに合った職場を見つけるのには、転職サイトへの登録がお勧めです。なぜって、再就職を成功させるには、コンサルタントのように看護師の職場をよく知った人にマッチングしてもらうのも一つの近道だからです。

ブランクありの看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? ブランクのある看護師に関する記事一覧

転職サイトランキングを見る