ブランクありの看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? ブランクのある看護師に関する記事一覧

看護師の再就職、ブランク10年でも大丈夫?いいえ、それどころか今がその時かも!

看護師の再就職、ブランク10年でも大丈夫?

看護師は女性が多い職業ですから、結婚や出産・育児など何らかの理由で働き盛りに退職することも少なくないですよね。

でもブランクが10年ともなると、さすがに専門職として再就職するのはかなり不安があることでしょう。

ところが、実のところ色々な点で、10年というブランク期間は再就職するにはうってつけの時期かもしれません。

ではそんなブランク10年目の再就職の実際と、そのポイントについて見てみましょう。

ブランク10年は実は職場で居心地が良いかも?

ブランク10年は実は職場で居心地が良いかも?

見出しを見て「えっ?ブランク10年で再就職して居心地が良いなんてことがあるの?」と思われるかもしれません。ではなぜ居心地が良いのでしょうか?

それは「10年」というキーワードにヒントがあるかもしれません。ブランクも2桁の年数になると、再就職を受け入れる側もそれなりの覚悟をしているからです。

つまり、再就職先で「ブランクが10年もあれば色々忘れていたり、持っている知識が古くて新しいことを知らなくても仕方がない」という同意のもとで受け入れてもらえるということなのです。

言わば、新人が「新人だから仕方ないよね」と最初のうちは許してもらえるところがあるのと同じようなものです。

再就職先で働き始めてから、忘れていることや知らないことに遭遇することは多いでしょう。でも患者さんのためにも無理に知ったかぶりをしたりできるふりをする必要はありません

再就職先で指導を受ける時には「10年も経つと忘れてしまっているので、教えてください」「これは私が働いていた頃にはなかった薬です、詳しく教えてください」と胸を張って言いましょう。

職場の若い同僚や先輩たちも「10年も経っていたら、それはそうだよね」とあなたの質問に答えてくれるでしょう。もっとブランクが短い看護師に比べると、「どうしてできないの」と責められることは、少ないはずです。

職場からの期待値は多少下がりますので、あなたが仕事に慣れないことについては寛容になります。あなたも仕事をしてみると意外と気軽に働けるのではないでしょうか。

指導や確認が行き届くので安心

ブランクが10年だと職場も多少は身構えます

先ほどの話とも関連しますが、ブランクが10年だと職場も多少は身構えますので、あなたに対する指導や確認が行き届くようになることが多いでしょう。

もしかするとこれは人によっては「監視されているみたい」「信頼されていない」「プレッシャーになる」と思ってストレスに捉える方もいるかもしれません。

でも考えてみてください、患者さんのためにも、あなたが仕事をちゃんとできるようになるためにも、職場から働きかけてしっかり指導や確認をしてもらえることのほうがどれほど安心で楽なことでしょうか。

あなた自身が「これで大丈夫」と思っていることでも、10年の間に大丈夫でなくなっていることがあるかもしれません。

でもこれはあなたにとっては「大丈夫」だったり「常識」なことなので、そうでなくなっていることに自分で気づくのはとても難しいのです。それを他の人の目で見つけてもらえるから安心です。

それに、この10年ほどで看護師の教育指導や事故防止のための確認の手順などはかなり変化してきています。

あなたが働いていたころには確認を必要としていなかったところでも、確認の手順が増えていることは往々にしてあることです。

ブランクが10年となると、指導や確認がしっかり入ることが多いですから、仕事に慣れないうちでも安心ですね。

それでいて10年という期間は、以前の職場経験を思い出すことは意外とそれほど難しくはない期間です。もちろんブランク前の就業期間にもよりますが、しっかりとした指導を受ければ仕事に慣れるのにそれほど時間はかからないものです。

ブランク10年で再就職するあなた、再就職後に気を付けたいこと

わからないこと、知らないことを見つけよう

わからないこと、知らないことを見つけよう

最初のお話でも挙げましたが、ブランクが10年もあると、色々と忘れていることがあったり、知識が追い付かなくなっていることもたくさんあるのは当然です。

せっかく周りが「わからない(知らない)だろうから教えなければ」と指導してくれているのですから、自分でもわからないこと・知らないことを見つけてみましょう

そして、わからない・知らないと気付いたことは教えてもらってどんどん解消していきましょう。

いつまでも「ブランクがあったから」にあぐらをかいていられない!

いつまでも「ブランクがあったから」にあぐらをかいていられない!

ブランクが長いと周りの指導も行き届いて安心かもしれませんが、それはずっと続くわけではありません。ちゃんと仕事を思い出したり覚えたりして独り立ちしなければいけない時が来ます。

指導を受けている状態はいわば「誰かに面倒を見てもらっている人」なのです。看護師なのですから、あなたは「誰かに面倒を見てもらう人」から「看る人」に自立しなければいけないのです。もちろん仕事の責任も伴います。

増してやあなたは「新卒」ではなく看護師として働いていた経験があるのですから。あなたより年下の看護師から見るとあなたは後輩でもあり先輩でもあるわけです。

以前に看護師の経験がある先輩として、また人生の先輩としても、いつまでも「ブランクがあったから」という言葉に頼ってはいられませんよね。

意外な落とし穴は体調管理や生活スタイルの変化

意外な落とし穴は体調管理や生活スタイルの変化

ブランクが長い看護師が再就職してから実際にとても困ることは知識や技術だけでなく、体力的なことかもしれません。

知識や技術は指導してもらったり確認してもらったりすることで補うことができます。

でも再就職して体調管理に困ったり、生活スタイルが大きく変わることは、他の誰かには代わってもらうことが難しい問題、自分自身で取り組まなければいけない問題です。

ブランク中に全く何かの仕事をしていなかった方なら、パートタイムであっても拘束時間ができると体調管理や生活時間の管理が難しいことがあります。

夜勤や変則シフトに入る方ならなおさら体調管理に最初は困ることがありますし、忙しい部署や日常生活援助などが多い部署なら予想以上に疲労が溜まったりもします。

再就職を決める前から、体力面や生活時間の確保には十分に気を付けておきましょう。

患者さんのことを大事に考えてみよう

患者さんのことを大事に考えてみよう

ブランクが10年となると知識や技術を忘れたり周りから後れを取ってしまうことは致し方ないことです。

ブランクの間に、あともう一つ忘れてしまいそうなことは「仕事をすることの責任」や「看護師という仕事の責任」ということです。また、看護観ということも忘れてしまいがちです。

あなたがどんな理由で再就職することになったにしても、看護を受ける患者さんから見ると、あなたも周りの同僚の看護師もみな同じ看護師です。

まずは職場にいる時には患者さんを第一に考えることから思い出してみましょう。

まとめ

いかがでしたか?ブランク期間10年となると長く感じますから再就職するのは怖い気もしますが、その分、採用する側もちゃんと準備や心構えができているんですね。

これ以上ブランクが長くなるとさらに仕事に慣れるのは大変になってくることを考えると、ブランク10年というのは再就職するのにはチャンスかもしれませんよ。

10年のブランクがあって再就職が不安、という方は転職サイトに登録してみてください。

担当のコンサルタントがあなたの技術・知識・体力・生活スタイルなど総合して、あなたに合った職場を探してくれますから!

ブランクありの看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? ブランクのある看護師に関する記事一覧

このページの先頭へ