ブランクありの看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? ブランクのある看護師に関する記事一覧

50代でブランクがある看護師でも再就職できますか?

50代でブランクがある看護師でも再就職できますか?

50代というと、色々な理由から再就職するのはなかなか難しい年齢のように見えます。一般的な仕事だと求人が少なくなりますし、特に条件の良い仕事や正社員・正職員となると、募集に年齢制限がかかっていることもあります。

50代の看護師でもそうなのでしょうか?さらに、ブランクがあるとなると、再就職は難しいのでしょうか?では、実際のところどうなのか、見ていきましょう!

50代でブランクがある看護師でも再就職先はあるの?

50代でブランクがある看護師でも再就職できるような求人は少なくありません。

実際のところ、50代でブランクがある看護師でも再就職できるような求人は少なくありません

年齢制限がかかっている場合はおおむね「45歳未満」か「60歳未満」での線引きが多いようです。急性期病院や大規模な病院・企業関連の仕事では年齢制限がかかっている求人が多いように見えます。

これは主に定年制度による場合と、その職場が長期雇用を望んでいる場合などの状況によります。現在は厚生労働省がブランクがあるような潜在看護師の再就職を勧めており、定年制度以外の年齢制限はかなり減ってきています。

さらにパートや、比較的小規模な病院やクリニック・慢性期・療養型病院・高齢者施設などの求人では年齢制限がなくブランクも可の求人が多くなります。これは業務内容による違いもあると考えられます。

50代でブランクがある看護師だとどんなことが難しいの?

求人に年齢制限が書いていない場合も。

ただし、求人に年齢制限が書いていないとは言っても「厚生労働省からのお達しで年齢制限を書いてはいけなくなったから書いていない」という医療施設もあります。

そうなると、採用する医療施設の側はどんな人を求めているのでしょうか?50代でブランクがあっても再就職に勝つにはどんなことがポイントになってくるのでしょうか?

採用側が求める人材とは

採用側が求める人材とは?

採用する医療施設から見るとあなたは「年齢は高めでブランクがあるけれども看護師として中途採用する」というわけです。欲しいのは「できるだけ即戦力になる人」だと言えます。

即戦力とは「できるだけ早い時期に給与に見合うだけの仕事ができる人」ということです。ここから、具体的にどういう観点で人材が選ばれるのかを見てみましょう。

年齢よりも気にされるのはキャリア

年齢よりも気にされるのはキャリア?

例えば、①「50代看護師、新卒から47歳まで就業していたが家族の介護のために退職、5年のブランクを経て再就職」という場合と②「30代看護師、新卒から2年就業、出産・育児のため退職し10年のブランクを経て再就職」を比較するとどうでしょうか?

履歴書でこの2人を見比べてみただけで、①の50代看護師のほうが即戦力になってくれそうな雰囲気が感じられますよね。やはり再就職の第一印象としては就業期間はより長く、ブランクはより短くのほうが有利だといえるでしょう。

売りになる経験や資格は多いほど良い!

さらに加えて、より多くの分野での経験がある(特に急性期分野の経験やその職場に該当する分野での経験がある)、何らかの研修を受けて資格を持っている、管理職経験があるなどのキャリアもより再就職に有利になり得るでしょう。

年齢よりも気にされるのは適応力

年齢よりも気にされるのは適応力

再就職に有利なキャリアがあまりないなぁ、と思われた方もいるかもしれません。では、採用側はキャリアの他にはどんなことを注意して見ているのでしょうか?

「できるだけ早く給与に見合う仕事ができる」ようになるには、適応力が必要です。先ほど挙げたキャリアに裏打ちされた知識や技術があることも必要ですが、何よりその職場での業務の本質を掴んで仕事に適応できることが大事です。

特に年齢を経るにつれ、人はどうしても記憶力や判断力が鈍るため、適応は遅くなります。採用する側は「この人、仕事にすぐ馴染めるかな」というのはどうしても気になるのです。

面接で見られるのは、どんなところ?

適応力といっても具体的な目安はなかなか難しいです。「人の話を受け入れられる」「自分の意見を押し通さない」「理解力が良い」などといった点を履歴書や面接で見られていると考えましょう。

ブランクの間に様々な社会経験や子育てなどの経験を通して自分を磨いた成熟した大人として、50代は面接で好感度が高いこともありますよ。

年齢よりも気にされるのは体力・気力

年齢よりも気にされるのは体力・気力

もう一点、採用側が気にするのは体力や気力(仕事へのモチベーション)です。50代はどうしても体力が落ちやすくホルモンバランスの変調など体調の変化を来しやすい時期です。

また、ご存知のように看護師は体力勝負なところもありますよね。ブランクがあると働いていたときの体力的な感覚からも離れていますから、再就職した時に思っていたほど動けない自分にびっくりすることもあります。

体力が頼りないとなると、仕事へのモチベーションを上げて頑張るしかない時期もあるかもいしれません。仕事を続けるにはそういう気力も必要になってきます。

夜勤にできるだけ入って欲しいと考えている医療施設や急性期などとても忙しい医療施設、あるいは高齢者施設など介護業務で体をよく使う施設などは体力・気力の面にも注目しています。

そういう意味では、「子育ても終わったし人の役に立つ仕事をして自分でしっかり稼いで、自分のお金で遊んだり家族で旅行に行ったり、人生も楽しむの!」なんてバイタリティーのある方が多い50代は面接で好意的に見られることもあります。

50代でブランクありの看護師の再就職を成功させるには

あなたに必要な職場条件やあなたの希望する職場条件をしっかり考えておこう

あなたの希望する職場条件をしっかり考えておこう

50代でブランクを経て再就職となると、職場によっては採用へのハードルが上がる場合もあることは先ほど見てみたとおりです。

そして、ここで気を付けていただきたいのはあなたの側の条件によっても再就職先を選定する必要があり、そして採用側の思惑との摺り寄せが必要になるということです。

あなたが必要としている職場の条件としてどんなものがあるでしょうか?体力的な条件でしょうか?勤務時間でしょうか?業務内容でしょうか?給与でしょうか?仕事のやりがいでしょうか?

教育体制は整っているでしょうか?再就職する前に何かの研修を受けて準備したほうがよいでしょうか?同年代の看護師はいるでしょうか?困ったときに誰を頼ればいいのでしょうか?

特にこれから長期間の雇用を求めている方や正規雇用での採用を求めている方は、じっくりと考えてみて、就職活動をするときにはしっかり再就職先と話をしてみてください。

まとめ

どうでしたか?看護師としては求人はたくさんありますが、50代でブランクがあるとどうしても採用側のハードルが高いこともありますし、こちらが再就職先に求めることも多くなる場合もありますよね。

50代での再就職は採用する側もされる側もこだわる条件が増えることがあり、お互いの妥協点を見つけるのが難しくなり得ることもあります

また、他は同じ条件で若い看護師が同時に就職活動をしているとどうしてもそちらが有利になることは否めないかもしれません。

50代でブランクがあるあなたの就職活動の強い味方になってくれるのは転職サイトです。担当コンサルタントが丁寧にあなたと再就職先を結び付けてくれます。

時には、あなたが求める職場像も一緒に探求してくれますよ。

ブランクありの看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? ブランクのある看護師に関する記事一覧

転職サイトランキングを見る