ブランクありの看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? ブランクのある看護師に関する記事一覧

ブランクが1年の看護師、再就職するときに就職先からどんな風に見られるの?どんなことに気を付けたらいいの?

ブランクが1年の看護師、再就職するときに就職先からどんな風に見られるの?どんなことに気を付けたらいいの?

看護師が再就職するとき、ブランク1年くらいならすぐ仕事は見つかりそう、再就職も楽勝!と思いますよね。でも、気になりませんか?ブランク1年の看護師のあなたが再就職先からどんな風に見られているのかということ。

もしかすると、「ブランク1年」ということが再就職に有利になることもあれば、不利になることもあるかもしれない、ということ。

それがわかれば、再就職のときにどんなことに気を付ければいいのか、再就職先探しにはどんなことに注意すればいいのか、といったことが見えてくるかもしれませんよ。

ブランク1年の看護師の再就職に、就職先が期待することは何?

ブランク1年で有利に思えるかもしれない看護師の再就職ですが、再就職先はどんなことを期待して採用するのでしょうか?

もちろん全ての病院や医療機関がそうだというわけではありませんが、多くの病院や医療機関がブランク1年の看護師を採用するときの思惑について見てみましょう。

再就職先は即戦力が欲しい!

再就職先は即戦力が欲しい!

再就職先は即戦力になれる人を一番欲しがっています。即戦力が欲しいという意味は、もちろんすぐ仕事ができる人が欲しいということです。

なぜなら、病院や医療機関では経費の大部分を人件費で占めています。その中でも特に、看護師として仕事ができるようになるまでの指導や教育は、最も時間や労力や手間がかかる部分の一つだと言えます。

採用した看護師の指導に手間や時間がかかればその分支払っている給料と仕事の質や量が見合わないうえに、指導役の看護師の分もコストがかかることになります。

ですから、一通りの教育が済んでいて処置ができる人や、その病院や医療機関に見合った経験や知識がある人は喉から手が出る人材ですので、「ブランクが1年」と聞くと採用する側もそういう人材を期待するのです。

多くの再就職先は長く働いてくれそうな人を欲しがっている!

多くの再就職先は長く働いてくれそうな人を欲しがっている!

経営者から見て、短い教育期間で即戦力となれる看護師の次に人件費を抑えられることができるのは、長く働いてくれる看護師です。

せっかく採用した看護師が次々に短期間で辞めるようでは、教育期間による浪費が増えますし、看護の質を維持することも難しくなってしまいます。

ですから、採用するときに期待されることは「できるだけ長く働いてほしい」ということです。これによって看護師の履歴書や言動を見る目も左右されることもあります。

実際には長く働けるかどうかということは採用先から見た要望でしかないので、人手不足に悩む病院などはそうは言ってはおれず採用することも少なくありません。でも、これは下手をすると就職後の対応にもかかってくる要素なのです。

だって、いかにもすぐに辞めそうな人に手をかけ時間をかけお金をかけて指導して、やっぱりすぐに辞められてしまうのは、病院側としてはできるだけ避けたいことなんです。

ブランク1年の看護師、再就職するときにアピールしたいことや表現に気を付けたいことは何?

先ほど挙げたように、再就職先にはその病院や医療機関なりの思惑があります。履歴書や面接などでは、その思惑に沿ったアピールをしたほうが採用されやすいに決まっています。

でも、採用されるために嘘をつくことは良くありませんし、ライフスタイルや看護観によってはこちらとしても採用条件に妥協できない場合もありますよね。

職歴を明確に詳細にしておこう

職歴を明確に詳細にしておこう

ブランク前にどんな職場にいたか、どんな仕事をしたか、どんな処置ができるか、得意な分野や仕事は何だったか、などは明確にできるだけ詳しく出せるようにしておきましょう。再就職先が最も興味を持つところだからです。

3年以上同じ職場で働き続けているような経歴があれば、これは間違いなくアピールポイントになります。分野が同じような病院や病棟に転職するならなおさらです。

即戦力という意味では、ブランク前の職歴が短ければ短いほど不利だとも言えます。経験も少ないですし、限られた分野の経験しかなければ、次の就職先で即戦力とはいかないかもしれません。

また、長期間働いてくれる人という視点で見ても、短期間に職場を何回も変わっている人はたとえブランクが短くても不利になり得ます。

自分がやりたい仕事や看護観を明確にしておこう

自分がやりたい仕事や看護観を明確にしておこう

職歴のところで不利になるかもしれない、と思った人もいることでしょう。そんなあなたは再就職先でどんな仕事をしたいか、あなたの看護観はどんなものか、などを明らかにしておきましょう。

特に急性期病院や都市部の大病院などは、やる気があって自分なりの考えを持った人を採用したいと考えます。こういう人は仕事の質に対してのコミットメントも高く、仕事も長く続けてもらえそうに見えるのです。

また働く側としても、やりたいことができない職場や看護観が合わない職場で働くのは大変なストレスになるので、こういうことを明らかにしておくことは大切です。

面接などの場は働く側としても相手を知る機会でもあります。自分の考えを明らかにしておくことは助けになるでしょう。もちろん、こういうことにそれほどこだわらない病院や医療機関もありますよ。

仕事に対するスタンスを明確にしておこう

仕事に対するスタンスを明確にしておこう

仕事に対するスタンス・距離感、つまり仕事にどこまで労力や気持ちを使えるか、ということも考えておいて伝えられるようにしたほうがいいかもしれません。

ブランクを置いて再就職するということは何か心境や環境の変化があったことでしょう。仕事に対する見方や自分が仕事にどこまでかけられるかということも変わり、制約が具体的になっているかもしれません。

そして、採用される時には採用条件についてもお互い納得できるようにしっかりと話しておきたいですよね。

ブランク1年の看護師、再就職には「あなた」に合った職場探しが大事

ブランク1年の看護師、再就職には「あなた」に合った職場探しが大事

1年のブランクには色々な状況や理由があると思います。出産や育児、家族の介護、とにかく前の職場から離れてみたかった、語学留学した、他の資格を取ってみた、など・・・。

皆さんそれぞれ思うところあっての再就職でしょう。一つ言えるのは、新卒でただがむしゃらに働くしかなかった頃とは、今では違った立ち位置で看護師をやろうと思っているはずです。

だからこそ、「あなた」に合った、「あなたのワークスタイル」「あなたのライフスタイル」に合った職場を見つけることを大事にしたいですよね。

まとめ

どうでしたか?「ブランク1年の看護師」と聞いて職場が何を期待するか、それにどう対応しようか、といったことについてお話ししました。

もしかするとあなたが思っている以上にあなたは期待されているかもしれません。それとも、そんなのわかっているけどどう職場を探したらいいのかわからない、という方もおられるかもしれません。

こんな時に助けになるのは転職サイトです。転職サイトのコンサルタント達は職場を探してフィッティングしてくれるプロです。

ブランク1年のあなたが有利に働ける職場や、あなたが思い描いているワークスタイルを実現できるような職場をきっと見つけてくれますよ。

ブランクありの看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? ブランクのある看護師に関する記事一覧

転職サイトランキングを見る