ブランクありの看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? ブランクのある看護師に関する記事一覧

ブランクがある看護師向けの研修にはどんなものがあるの?

ブランクがある看護師向けの研修にはどんなものがあるの?

ブランクがあるとどうしても知識や技術を忘れてしまいがちですし、近頃の医療技術の進歩はとても速いので、再就職したところで追いつけるか心配になりますよね。

そんなときに再就職の準備として、あるいは再就職後に必要な知識や技術を得る方法として研修があります。

ここでは、ブランクがある看護師が再就職する前でも受けられるような研修、受けておくと良い研修を見てみましょう。

ブランクがあっても受けられる研修にはどんなものがあるの?

「研修」って何?

実務や実技形式のものを研修と言います。

まず「研修」という言葉について簡単に解説すると、体験やグループワークなど実務や実技が入る形式のものが研修になります。このため研修の内容は技術的なものや実際の動きを確認するようなものが多くなります。

講習とは、主に座った状態で講義を受ける形式のものです。

「研修」に類似したもので「講習(セミナー)」がありますが、「講習(セミナー)」は「主に座った状態で講義を受ける形式のもの」です。内容は必要な知識を伝える・説明するようなものが多くなります。

ここでは研修についてお話しますので、講習について気になるという方は当サイトの「ブランクがある看護師向けの講習(セミナー)にはどんなものがあるの?」という記事もご覧ください。

研修の内容にはどんなものがあるの?

研修の内容としては体を動かしたり、実技をしたり、グループワークをするようなものがあります。

看護技術についての研修

採血・点滴・注射・清拭・寝衣交換・救命処置など、様々な研修があります。

技術を身に着けたり、振り返ったりするための研修があります。例えば、採血・点滴・注射・清拭・寝衣交換・救命処置など実に様々な技術の研修があります。

実際の病院などの職場に入って行う場合もありますし、看護師同士で交代で模擬患者になって行う場合もあります。

仕事の流れや実務についての研修

職場の体験実習のような研修もあります。

職場の体験実習のような研修もあります。病棟などの一日体験などがこれに当たります。実際の職場に入って、実際の仕事の流れを知ることができます。

医療機器の使い方の研修

医療機器の使い方の研修もあります。

使い慣れていない医療機器や新しい医療機器の使い方を学ぶ研修です。点滴ポンプ・人工呼吸器・透析など様々な医療機器の研修があります。

その医療機器の機能や特徴などの講義とセットになっていることもあります。また、新しい医療機器であれば、その機器を出している企業が開催していることもあります。

看護診断・看護計画などのケーススタディやグループワーク

看護診断・看護計画などのケーススタディやグループワーク研修もあります。

看護診断・看護計画・訪問看護計画など、患者さんのケアプランを適切に立案するための研修です。講義形式の講習(セミナー)とセットになっている場合もあります。

仮想の患者さんや実際の患者さんの情報から看護診断を導き出したりケアプランを立案したりします。このとき、より良いケアプランを立てるために、実際にカンファレンスをするようにグループワークで行う研修があります。

ブランクがある看護師に向いている研修はどんなもの?

看護協会(ナースセンター)が開催している研修

ブランクで不安なら全国で行われている看護協会の無料研修がオススメ。

厚生労働省や看護協会では、ブランクがある看護師の再就職を勧めています。このため、看護協会では都道府県からの委託事業として、再就職を支援するための様々な研修を無料で行っています。

内容は都道府県によって多少ことなりますが、主なものは先ほど挙げたような看護技術にまつわる研修と職場体験の研修です。点滴ポンプの使い方などの研修を行っているところもあります。

ブランクの間に技術を忘れたり腕が鈍りそうで様々な職場で必要になりそうな技術、例えば採血・点滴・清拭・移送などの研修はほとんどの都道府県で行われています。

詳しくは当サイト内の「ブランクがある看護師が受けることができる看護協会の研修があるって本当?」もご覧になってみてくださいね。

再就職先が行っている研修

再就職先でも無料の研修があるのでブランクがあっても安心!

ブランクがある看護師の採用に力を入れていて、再就職した看護師向けに研修を行っている医療施設もあります。特に大規模な病院や地域の中核病院・急性期病院などではこのような研修はよく行われています。

もちろん無料ですし、医療施設によっては勤務時間内に行っているところもあるので助かりますよね。また、内容もその医療施設に必要な知識や技術に関する研修が揃っているはずです。

上記のように看護協会や各医療施設で行われている研修を向いているとして挙げましたが、これら以外にも研修を企画する企業が開催している研修も様々ありますし、看護協会の研修にも看護師全般向けの有料の研修もあります。

では、研修を受けてみよう!その前に?

研修を受ける目的は?

研修でレベルアップ!

再就職の前に研修を受ける目的としては、大きく2通りがあるのではないでしょうか。

一つ目は、ブランクの間に離れていた技術を身に着けなおすことで、再就職を有利にするというものです。自分の付加価値を高める、とでも言いましょうか。

再就職先に必要な技術を身に着けなおす!

二つ目は、再就職先に必要な技術を身に着けなおすという場合です。ブランクの間に忘れてしまったり腕が落ちた技術を取り戻して、早く仕事に活かせるようにするという目的です。

再就職に有利になる研修はあるの?

再就職に有利になる研修はあるの?

一つ目の目的「再就職を有利にするために研修を受ける」という方の場合は、当然ながら「できるだけ再就職に有利になるような研修を受けたい」と思いますよね。でも、そんな研修を特定することはできるのでしょうか?

それなら、まずはあなたがどんな職場への再就職を望むかということを絞っておきましょう

例えば、急性期病院や救急といったような、幅広い技術を必要としたり急変対応を求められたり、最先端の知識や技術を求められる職場を希望するなら、それなりの研修を受けておいたほうが採用には有利になるでしょう。

対して、デイサービスや介護施設を希望しているならば採血や点滴といった技術は必要ないかもしれません。移送や日常生活援助が必要になるでしょう。

研修を受けるその前に、再就職先を知っておこう!

研修を受けるその前に、再就職先を知っておこう!

先ほど挙げた二つ目の目的「再就職に必要な技術を身に着けなおす」という方の場合は、再就職先の情報が必要になります。

つまり、再就職先の業務で実際に必要な技術は何か、また、再就職先で行われている研修や指導教育はどうなっているのかといった情報が必要です。

例えば、大規模な病院や急性期病院などでは院内の研修がしっかりしていて、就職後にそれを受けることができる場合があります。

また、訪問看護では、患者さんが自宅で人工呼吸器を使っていたり褥瘡ケアが必要だったり特殊な技術が多い反面、看護師の指導に時間を割けないこともあるので、職場に出る前に必要な技術を確認して研修を受けておくととても助けになることもあります。

まとめ

いかがでしたか?色々な研修がありますが、あなたはどんな研修を受けてみたいと思いましたか?また、自分に必要な研修はこんなものかな、というイメージはできたでしょうか?

再就職先を探して研修も受けてみようかな、という方は転職サイトも活用してみてください。

転職サイトなら担当のコンサルタントから「こういう病院ならこういう研修を受けておいたほうが採用されやすい」とか「働いてから苦労しないようにこんな研修がおすすめですよ」と、研修についてのアドバイスももらえますよ。

ブランクありの看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? ブランクのある看護師に関する記事一覧

転職サイトランキングを見る