ブランクありの看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? ブランクのある看護師に関する記事一覧

ブランクがある看護師にとって産婦人科はどんな職場なの?

ブランクがある看護師にとって産婦人科はどんな職場なの?

産婦人科は特殊性が高い職場だ、というのは産婦人科で働いたことがある看護師はもちろん、働いたことがない看護師でもちょっとは耳にしたことはあるのではないでしょうか?

ブランクを経て再就職するというあなたなら、再就職を成功させるには特殊性の高い産婦人科という部署はどんなところが特殊なのかをなおさら知っておきたいですよね。

ブランク看護師も歓迎されるかも?産婦人科への再就職

いざ!産婦人科への再就職!

産婦人科は命の誕生に関わることができる職場です。病んで苦しい思いをしている患者さんたちや死とも関わることが多い看護師にとって、産婦人科は命の誕生に触れられる喜びがある貴重な場所だと言えます。

では、ブランク看護師にとってはどんなところが働きやすいといえるのでしょうか?

看護師としての専門技術以上に、応対上手さが求められることも

助産師とともに働くことになるので心強い!

市中にある産婦人科専門病院や医院の多くは正常分娩を専門としていることが多く、助産師とともに働くことになります。

看護師よりも助産師は妊娠・分娩に関しては看護師より上位の専門職ですから、より専門のことは助産師が主にやっていて看護師は健常な妊婦への対応を求められることが多い、という職場も多いです。

そういう意味では産婦人科は専門の技術や知識に不安があるようなブランク後の看護師でも再就職して仕事に慣れやすい職場だと言えます。

不妊治療を受けている方など対応が難しい人を相手にする職場でもある。

また、産婦人科は患者さんだけでなく妊婦さんや不妊治療を受けている方など対応が難しい人を相手にする職場なので、むしろ技術だけでなく、人間関係を作ったり応対や会話が上手にできたりする看護師が歓迎されます。

特にブランク期間中に出産や育児を経験した方や様々な人生経験をした方なら、ブランクをかえって強みにできる可能性があるのです。

妊娠や出産の経験がない人にとっては自分の知識を持てる職場

妊娠や出産の経験がない人にとっては自分の知識を持てる職場。

だからと言って妊娠や出産の経験がないブランク看護師は産婦人科に向いていない、というわけではありません。

まだ妊娠・出産が未経験でこれから目指したい、という看護師にとっては、産婦人科で相手にする妊婦さん達や赤ちゃん達は先輩にあたるわけです。つまり、あなた自身の人生のために、職場で知識を蓄えることができるんです。

復職して、これからのあなたの人生に欲しい知識や経験が得られるなら、これはこれでとてもいい職場ですよね。

産婦人科の特殊さ、ブランク看護師はここに気を付けて!

人間関係、特に助産師との関係が難しい?

人間関係、特に助産師との関係が難しい?

助産師は妊娠・分娩に関しては看護師より上位の専門家です。産婦人科に多く見られるのは、助産師と看護師の人間関係が良くないという職場です。

どうしても看護師は妊娠・分娩に関しては知識では助産師に勝てませんし、看護師にはできないこともあります。妊娠や分娩は母子の命に係わることですので、助産師はかなりプライドを持って仕事をしている人が多いのです。

ブランクがあると職場の人間関係にも疎くなることもありますし、なかなか仕事に慣れることができずにいると助産師のピリピリした様子にひやひやしながら仕事することになってしまいます。

そうなると、ちょっと仕事していて辛いですよね。

患者さんの対応が難しいかも?

ここはあえて「産科」「産婦人科」と分けて挙げていきます。「産科」は妊娠・分娩に関する分野、「産婦人科」は産科に加えて婦人科疾患領域のことを指します。

妊婦はデリケートなお客様、そして最も訴訟が多いのが「産科」

患者さんの対応が難しいかも?

産科で働いている看護師の声で聞かれるのは、「お客様対応のような仕事が多くて看護をしている気がしない」という声です。

先ほど、専門技術がすぐにできなくても応対仕事がある点でブランク看護師でも働きやすいと挙げましたが、その反面として出てくる声です。

実際に妊婦は病人ではありませんし、病人のように対応するのも変なものです。また、妊娠・出産は人生の一大イベントですので、ホテルのような環境でもてなされるのが喜ばれることも多く、そのようにしている医療機関も少なくありません。

加えて、医療業界では産婦人科は最も訴訟が多い分野だと言われていますので、医療機関側としても対応に神経質にならざるを得ないとも言えます。

ですから、看護師にも妊婦に接するときに「お客様」のような対応を求められることがしばしばあります。これが看護師には何とも言えない違和感となることがあります。

「産科」「産婦人科」の悲喜こもごも

「産科」「産婦人科」の悲喜こもごも

先ほどは「産科」領域の話でしたが、医療機関によっては「産婦人科」と銘打っています。つまり、そこには妊婦さんと婦人科の患者さんが入り混じっているわけです。

健常な妊婦さんは妊娠の喜びとともにいることが多いのですが、そこに婦人科疾患を患った人がいるので、若くして子供を産めない状態にある女性や女性としてのアイデンティティを脅かされるような気持でいる女性が、間近に妊婦さんを目にしているわけです。

また、「産科」だけの医療機関でも不妊治療を扱っているような病院では、不妊治療中の女性の目の前を妊婦さんが通っていくわけです。また、中絶手術を受けに来る人や死産で悲しんでいる人もいます。

そういう患者さん達が妊婦さんに対して複雑な感情を抱くことを看護師は知っているだけに、どう対応していいのか戸惑ったり、辛い思いをすることもあります。

これは特にブランクがある看護師に限ったことではありませんが、産婦人科での職場経験がない場合には、じゅうじゅう気を付けたいところです。

ブランクがある看護師でも産婦人科でうまくやっていくには

ブランクがある看護師でも産婦人科でうまくやっていくには

気を付けたいこともある産婦人科ですが、出産や育児を経験したブランク看護師は入り口として入りやすいかもしれませんし、ちょっと技術に不安がある看護師でも仕事に慣れやすいという点では働きやすい職場かもしれません。

また、妊娠・出産の喜びやかわいい赤ちゃんと触れ合える機会もあるので、楽しみの多い職場だとも言えます。

産婦人科でうまくやっていくには、妊娠・出産という機会を大事に思う気持ちや、女性であることの喜びや共感が大切かもしれません。

ただブランクがあっても働きやすい、だけではなく、産婦人科の持つ魅力に惹かれて、妊婦さんや患者さんに共感して対応できる看護師ならうまくやっていけるでしょう。

そうすると助産師の仕事にも敬意が持てて、職場の人間関係もスムーズになるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?あなたから見て産婦人科への復職はどんなふうに映ったでしょうか?大変なそうところもありますが、魅力的なところもありますよね。

なんと言っても分娩時の感動や赤ちゃんの愛おしさは他では得られない喜びです。そんな産婦人科に再就職、いかがですか?

ところで、産婦人科への再就職には転職サイトを活用してしっかり医療機関の情報収集をすることがお勧めです。

なぜって、「産科」か「産婦人科」かというだけでも雰囲気が大違い、運営方針によってはホテルのようだったり、とてもシンプルに正常分娩だけを扱っていたり、妊婦さんのすぐ隣の部屋にがん患者さんがいたりと実に様々だからです。

ブランクから産婦人科への再就職では、あなたが働きたいと思える職場をしっかり見つけましょう!

ブランクありの看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? ブランクのある看護師に関する記事一覧

転職サイトランキングを見る