ブランクありの看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? ブランクのある看護師に関する記事一覧

ブランクがある看護師が透析センターや透析関連施設で働くには?

ブランクがある看護師が透析センターや透析関連施設で働くには?

透析センターって専門性が高いような感じがしませんか?ブランクがある看護師が再就職するのには少し敷居が高いように見えてしまいます。

でも、外から見るとそう見える透析も、実際に働いてみると違うかもしれません。では、ブランクがある看護師の再就職先として透析センターや透析関連の医療施設はどんな風なのか、一緒に考えてみましょう。

透析センターってこんなところがブランクがある看護師にちょうどいい

機械の操作は大変?じゃないかも

機械の操作は臨床工学技士がやるので大丈夫!

透析と言えば、真っ先に思いつくのは透析機器ですよね。機械が苦手な人や、看護師の経験であまり機械に触ったことがない、という人はどうしても苦手意識や恐怖心が出てきてしまいます。

でも、実際のところは透析センターには必ず医師と臨床工学技士が常駐しています。機器の操作は臨床工学技士がやってくれるので、看護師が操作することはあまりありません。それに、透析に支障があればアラームが鳴って機械が透析を中止します。

透析機器の数値の読み取りや記録が看護師の主な仕事になります。また、血圧の低下など患者さんの状態をチェックして、気になるところがあれば医師や技師に伝えて透析を調節してもらいます。

施設によっては透析回路のセッティングを看護師がやっているところもありますが、手順が決まっているので、作業としては覚えやすいです。

ブランクがあっても、透析の経験がなくても、これなら仕事を覚えやすそうですよね。

残業が少ない

透析センターは残業が少ない部署の一つ!

透析センターは残業が少ない部署の一つです。透析センターは、透析機器やベッドのローテーションのため、もともと透析のスケジュールが決まっていますし、限られています。

ですから、緊急で透析の依頼が入るなどのイレギュラーなことが起こらない限りは残業になることは少ないですし、長時間の残業もあまりありません。

育児や家族の時間のため残業は避けたいという人や自分の時間を確保したいという人にも透析センターは働きやすい職場かもしれませんね。

患者さんが限られるので対応しやすい

透析センターは患者さんが限られるので対応しやすい!

透析センターではどうしても透析機器の数に限界があるので、1日に透析ができる患者さんの数は限られます。また、外来の透析センターになると通院の患者さんも限られています。ですから、人間関係も作りやすいですし、対応もしやすいと言えます。

ブランクがあるあなたも再就職してすぐにたくさんのことを詰め込みで勉強するのは大変ですが、透析センターなら典型的な疾患から絞って勉強できますし、仕事もしやすいですよね。

ブランクがある看護師が透析センターを再就職先に選ぶなら、こんな準備をしよう

採血・点滴・一次救命処置

採血・点滴・一次救命処置の勉強をしよう!

透析センターで絶対に必要になるとも言える処置です。透析用シャントからのルートの確保は施設によっては看護師でなく技師や医師がやっていますが、採血や点滴はできるに越したことはありません。

また、透析中の患者さんの急変は起こり得ることですので、一時救命処置についても知っておいたほうが良いでしょう。

ブランクがあると、採血や一時救命処置なんてとんでもない、やっぱり透析センターは無理、と思ってしまう人もいるかもしれません。

でも、多くの透析関連施設では必要な技術として採血・点滴・一時救命処置などの指導は行われています。また、どうしても心配な人は都道府県看護協会やナースセンターでこれらの研修が無料で行われています。

看護協会やナースセンターの研修について知りたいという方は、当サイトの「ブランクがある看護師が受けることができる看護協会の研修があるって本当?」という記事もご参照ください。

透析患者さんの心理的・社会的援助

透析患者さんの心理的・社会的援助も大切です!

透析を受けている患者さんの多くは、慢性的な腎臓病や糖尿病から透析に至っていて、さらに高血圧や網膜症などを患っているような、いわゆる何年・何十年もの「長患い」の方たちです。

このため、透析患者さんには精神的・心理的にも弱っている人が多く、日常生活や社会的にも制約を感じていたり、必要な制限や指導を守れなかったりする人もいます

そんな患者さんを相手にするのは、看護師も心理的に疲れてしまうこともあるかもしれません。時には仕事としての割り切りも必要ですし、情に流されないことも必要です。

もちろん、透析以外のどの分野で働いても看護師として心理的・社会的援助は必要な要素ですから、特別に考える必要はないのかもしれませんね。

正月・お盆・ゴールデンウィークなどの長期休みには注意

カレンダーの上での休日は、透析には関係ありません!

透析患者さんにとって透析は、生命の維持のために定期的に必要な処置です。そこにはお正月もお盆も長期休暇も関係ありません。

このため、外来の透析センターであっても、お正月・お盆・ゴールデンウィークなどはあまり関係なく稼働しているところが多いです。

カレンダーの上では長期休暇になっている日でも、透析センターの看護師は長期休暇を取るのが難しいことがあります。シフト勤務にしていたり休日手当を出しているところもあるので、確認しておきましょう。

ブランクがある看護師ならこんな透析センターを選ぼう

教育・指導体制やマニュアルがしっかりしている

教育・指導体制やマニュアルがしっかりしている透析センターを選ぼう!

ブランクがあったり透析の経験が少なくても、指導や教育がしっかりしていれば、透析センターでの仕事は早く慣れて楽しく仕事ができる所です。また、透析機器の取り扱いなどはマニュアルがしっかりしていると、覚えやすいですよ。

雰囲気が良い・頼れる先輩がいる

雰囲気が良い・頼れる先輩がいる透析センターを選ぼう!

長患いの患者さんが多くいるとその医療施設の雰囲気が暗くなりがちです。看護師がそれに引っ張られずに明るく良い雰囲気で働いている透析センターは良い透析センターだと言えるのではないでしょうか。

また、患者さんの看護や機器の取り扱いやシフトの相談などができるような頼れる先輩、それもできればブランクから再就職した人がいると、あなたも働きやすいですよね。

まとめ

いかがでしたか?意外と透析センターってブランクがあっても働きやすいところかも、と感じてもらえたかもしれませんし、やっぱり採血や急変は怖いからどうしよう、と思った方もいるかもしれませんね。

透析センターで働くなら、教育体制や雰囲気を知っておくと再就職の助けになるかも、と感じていただけたでしょうか?

そこで、働きやすそうな透析センターや透析関連施設を探すなら、転職サイトを訪れてみてはどうでしょうか?担当コンサルタントがあなたに合う透析センターを見つけてくれますし、あなたに必要な準備も一緒に考えてくれますよ。

ブランクありの看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? ブランクのある看護師に関する記事一覧

転職サイトランキングを見る