ブランクありの看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? ブランクのある看護師に関する記事一覧

ブランクがある看護師にとって不安は再就職成功へのキーワード

不安でも、着地点には成功が待っている!

ブランクを開けての看護師の再就職は何かと不安が伴いますよね。でも、ちょっと待ってください!不安になって再就職をしり込みするのはちょっと違うかもしれませんよ。

あなたが再就職に対して抱えている不安は、もしかすると再就職を成功させるための良いお知らせかもしれませんよ、というお話です。

ブランクのある看護師が抱えている不安にはどんなものがあるの?

まずは、ブランクのある看護師がよく抱えているかもしれない不安にはどんなものがあるのか、よく挙げられるものを具体的に見てみましょう。

ただ漠然と「ブランクのある私に仕事ができるかな」と不安になっていても何も始まりませんが、「不安」は具体的にすることで対処可能な「課題」に変えることができるからです。

そして対処可能になったら、不安だったことが再就職先選びのキーワードになるかもしれません。

看護師としての知識や技術に不安がある

看護師としての知識や技術に不安がある

「ブランクがある私に仕事ができるかな」という不安として挙がってくることの一つに、知識や技術についての不安があるのではないでしょうか。

あなたがブランクを取っている間に仕事の記憶は薄れていきますし、ブランクの間にも技術はどんどん進歩しています

看護師の仕事は患者さんの命や危険に関わることですから、ブランクがあって知識や技術が落ちていたり遅れてしまうと、患者さんを危険にさらしてしまうことになりますよね。

体力的に仕事についていけるか不安がある

体力的に仕事についていけるか不安がある

ブランクの間には仕事をしているときの体の感覚や体験も薄れていきます。看護師は人が相手なので定時終わりとはいかないこともよくありますし、夜勤など不規則にもなりがちな仕事です。

ブランクの間に感覚を忘れてしまった体で急に働いても、体力的に持つかどうか不安になりますよね。

プライベートな時間と仕事との両立に不安がある

プライベートな時間と仕事との両立に不安がある

休職してブランクを開ける看護師の多くは、結婚・出産・育児などの環境の変化や看護師以外の道を試みるなど、様々な転機を経ています。

再就職するときには日常生活がブランク前と全く異なっているという人も少なくありません。このためブランクの間にできたライフスタイルを維持して仕事と両立できるか、不安を感じるのです。

ブランクがある看護師が抱える不安、採用先の目線で見ると?

ブランクのある看護師が抱える不安を、採用する側の目線で見るとどうなのでしょうか?不安があると、再就職のデメリットになるのでしょうか?

知識や技術への不安

私にはのびしろがある!

知識や技術に不安があると、採用されにくいように感じます。当然のことですが、採用先としても、知識や技術がしっかりしているに越したことはありません。

でも実際には看護師の業務やそれに必要な知識は医療施設や診療科によってかなり異なります。退職した病院の同じ病棟に復帰するぐらいでなければ、相応の指導はどうしても必要なのです。

となると、ブランクのある看護師を採用するときにはブランクまでの経験も見られますが、指導を受け入れる姿勢があるかどうかということがより重視されます

そういう意味で「知識や技術が不安だな」と思っている人は、自分の不十分なところを感じていて、その分の伸びしろがあるということですし、患者さんに対する責任を理解している人です。

採用先からすると、知識や技術への不安は看護師として至極真っ当な感覚なので、かえって「ちゃんと育てることができる人材」として安心して採用できるのです。

体力的な不安

体力ならまかせて!

体力的な不安については、持病があるなど職場に見合った仕事ができないほどでなければ、つまり健康体であれば採用の妨げにはならないでしょう。逆に、体力的なことは自分で身を守るのが大事とも言えます。

プライベートと仕事との両立への不安

プライベートと仕事、両方頑張れる人待ってます!

例えば、小学校に通う子供を複数抱えている看護師が再就職すると「時間通りに帰りたい」とか「学校行事で休みをたくさん確保したい」といった問題が出てきます。

こういう看護師を採用するとシフトを組む看護師長などの中間管理職からすると大変ですが、多数の看護師を雇用している病院などでは実は頑張って確保したい人材です。

教育した看護師が結婚や出産・育児などで退職するのは採用先にとっては痛手です。ですから、家庭や育児やプライベートを大切にしながら仕事も頑張ってくれる人はワークモデルとして欲しい存在なんですよ。

「不安」からあなたの再就職の「課題」を見つける

最後に、「不安」を再就職を成功させるための「課題」「キーワード」と考えたときに見える、具体的な対策をあぶり出してみましょう。

知識や技術への不安

再就職に向けて予習・復習!

知識や技術の不安は、多少時間がかかっても努力で解消し得ることですが、一度に全部やろうとするのは無理ですし負担になります。

自分がこれまでに経験したことと、再就職先でどんな知識や技術が必要かを自分でも明らかにしておくと、勉強や習得に取り組みやすくなるでしょう。

また、できるだけ効果的に勉強したり技術を習得したりするために、再就職先でどんな指導・教育体制があるのかも調べておいたほうが良いでしょう。

どうしてもあなたに不向きな勉強を強いられそうな職場や、教育体制が不十分だと見える転職先は避けたほうがいいかもしれません。

体力的な不安

再就職に向けて体力をつける!

体力的なことは働いてみないとわからない面や慣れる面もありますが、準備するに越したことはありません。看護師の体力って色々な場面で使いますし、色々な作業には向き不向きがあります。

例えば、腰を使う仕事が辛い・立ち仕事が辛い・夜勤が辛い・夜勤がないと辛い・朝早いと辛い・忙しいのが辛い・休みが連続しないと辛い・長時間勤務が辛いなど、ここに挙げただけでも様々です。

シフト相談したほうがいいよ…

ですから、具体的にあなたの体が辛くなる状況を考えておいて、どこまで頑張れそうか、自分の体について見ておきましょう

また再就職先の業務内容やシフト・残業・休暇などを見ておいて、あなたの体力と照らし合わせて再就職先とも相談できるようにしましょう。それで体力的に無理だと見える職場は避けたほうが賢明です。

プライベートと仕事との両立への不安

勤務時間などの交渉ができる職場を探しましょう!

実際に自分がプライベートのどんなことにどれだけの時間が必要か具体的にしておきましょう。育児中の人は子供の成長に合わせて少し先も考えておいたほうがいいかもしれません。

そして、再就職先のシフトや残業時間・有給日数なども見て、具体的に交渉できるようにしておきましょう。こういう交渉が成り立たない職場には応募しないほうがいいかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?ブランクがあると再就職には不安が付き物ですが、必ずしもそれは再就職を諦める理由や採用の妨げではなく、むしろキーワードになることを感じていただけたでしょうか?

ここまで見て、「自分には何が不安かよくわからない」「自分だけで不安に対処できる自信がない」と感じた方もおられるでしょう。

そんなあなたは転職サイトのドアをノックしてみてください。担当のコンサルタントがあなたの不安にも応えてあなたに合った職場を見つけてくれますよ。

ブランクありの看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? ブランクのある看護師に関する記事一覧

転職サイトランキングを見る