ブランクありの看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? ブランクのある看護師に関する記事一覧

ブランクのある看護師の再就職にまつわる悩みは「私だけ?」から再就職のステップにする!

再就職に悩みはつきもの。何か対策はあるの?

ブランクを経て看護師として再就職するには色々な悩みが伴ったり、再就職しても悩みがあったりするものです。

では、皆さんはどんな悩みを抱えているのでしょうか?悩んでいるのはあなただけではないかもしれません。ブランクがある看護師はどんな悩みを抱えているのでしょうか?

ここではブランクがある看護師によくある悩みとその対策について見てみましょう。あなたの「悩み」には再就職を成功させるステップが隠れているかもしれませんよ。

ブランクを経て再就職しようとしている看護師が就職活動中に抱える悩みって何?

就職活動しよう!と思ったら、就職活動のしかたがわからない

就職活動しよう!と思ったら、就職活動のしかたがわからない

看護師でブランクを経て再就職しようという方にたまにあることですが、就職活動の仕方がわからないという悩みです。

就職活動をするのが久しぶりでもう記憶にないという方もいれば、看護師の場合は看護学校や大学が関連する病院に就職したために実質的に就職活動をしたことがないというような場合もありますよね。

履歴書の書き方も忘れたし、面接のマナーもわからない、そもそもどうやって職場探しをすればいいのかわからない・・・!

自分に合う職場がよくわからない

情報が溢れているためにかえって情報収集をどうするか情報をどう選ぶかが難しく再就職成功のカギになることも。

最近はネットの普及によって就職に関する情報は溢れていますが、情報が溢れているためにかえって情報収集をどうするか情報をどう選ぶかが難しく再就職成功のカギになることもあります。

それに情報を見ても何がどう良いのか悪いのかが判断に悩むということもあります。

また、看護師が求められている職場はとても多様化しています。ブランクがあると現在の生活スタイルに合う職場を探さなければいけませんから、多様化した職場の中で自分で探して合う職場を見つけるのは大変ですよね。

子供の面倒を見たり、家事をしたり、自分の勉強をしたりと、就職活動に十分時間がとれない

子供の面倒を見たり、家事をしたり、自分の勉強をしたりと、就職活動に十分時間がとれない

ブランクがある看護師に多いのは、ブランクの間に出産していたり結婚したりあるいは家族の面倒をみたり、あるいは自分がやりたい勉強のために学校へ進んだりと、生活スタイルが変わっていて就職活動に時間を取れないことがあります。

例えば、育児や介護をしながらあちこちの職場に面接や見学に行くのはなかなか大変ですよね。また、十分に就職活動の時間がとれないために欲しい情報になかなか巡り合えないこともあります。

ブランクが再就職のハンデになる

ブランクが再就職のハンデになる

就職活動をして良さそうな求人を見つけたので応募してもブランクがあるからと採用を断られるという悩みもありがちです。

また、逆に「ここで働いてみたいけど、ブランクがあるからだめだろうな」と気が引けて応募できないという悩みもあります。

晴れて再就職!でもブランクのために悩みが・・・どんなこと?

せっかくの再就職が「辛い再就職」になってしまった!

せっかくの再就職が「辛い再就職」になってしまった!

再就職してみたものの、自分でも予想していた以上にブランクが仕事の妨げになって、「こんなに再就職が辛いとは・・・ブランクを甘く見ていた」と思うこともあります

ブランクがある看護師にとって「辛い再就職」とは、「精神的に辛い」「知識・技術的に辛い」「体力的に辛い」といった面に起こります

こちらはここでお話するのは長くなりますので、詳しくは当サイトの「ブランクを経た看護師がはまりやすい「辛い再就職」のなぜ?と、その対策を解説!」もご参照ください。

自分や家族のための時間が取れない

自分や家族のための時間が取れない

再就職すれば仕事に時間を取られるとは予測していても、実際に働いてみると予想以上に「時間がない」という風になり思い悩む場合もあります。

特にブランク中に子供ができたり介護する家族ができたりあるいは家族との時間を大事にしたいと考える人や、ブランク中にできた自分の時間を大切にしたいと考える人にとっては相当な苦痛になる悩みです。

給料と出費とのバランスが悪い

給料と出費とのバランスが悪い

お金を稼ぐために再就職したのに、なぜか働いてみると収支のバランスが悪く「思っていたより稼げていないのでは」と悩むことがあります。

お金の悩みがあるうえに「辛い」「時間がない」といった他の悩みが重なってくると、「何のために働いているんだろう」と頭を抱えることになりかねません。ブランクがあると具体的な給与のイメージがつきにくいために起こりやすい悩みです。

ブランク看護師の再就職にまつわる様々な悩み、どう解消する?

就職活動は情報を選び、上手に人を頼ろう

就職活動は情報を選び、上手に人を頼ろう

ブランクがあるあなたにとっては就職活動も久しぶりなうえに、求人の情報の発信元も多様化しています。その中であなたに合った職場を探すのは至難の技かもしれません。

まず、あなたはどんな情報の発信元があるか知っていますか?情報の発信元には実に様々あります。情報誌や新聞の広告・医療施設の貼り紙・病院のホームページ・ハローワーク・ナースセンター・転職サイト・・・。

再就職成功のヒントとしては偏ったところから情報を得るだけでなく、様々な発信元からの情報を得て、そこからあなたの欲しい情報を選ぶことが大事です。

また、情報を選ぶときには一人で探さず、他の人の目線も借りることも大きなヒントになります。自分一人で選ぶよりも遥かに広い視野で、あなたに合う求人情報を探すことができるからです。

ハローワーク・ナースセンター・転職サイトのように具体的に第三者の手や目が入ると、情報選びだけでなく、面接や履歴書など就職活動へのアドバイスももらえます。

ブランクがあると職場によっては断られることも覚悟のうえで対策をしっかり!

ブランクがあると職場によっては断られることも覚悟のうえで対策をしっかり!

求人を出していると言っても職場によって、あるいはブランクの長さやブランク前のキャリアによっては再就職を断られることもあるという現実に対しては覚悟が必要です。

そしてそのうえで、何もせずにただ断られるのを待つだけでなく、「ブランクがあるでしょう」と相手に言わせないための対策を取りましょう。

実は、全国的に看護師は不足しているためブランク看護師の再就職を支援する動きがあり、ブランク看護師向けの様々な研修や講習(セミナー)が開催されています。

当サイトの中でもブランク看護師向けの研修や講習(セミナー)について解説していますので、ご覧になってみてください。

就職活動や再就職の前に生活スタイルをイメージしたりプランしておこう

就職活動や再就職の前に生活スタイルをイメージしたりプランしておこう

晴れて再就職して働き始めてから時間やお金についての悩みが出てきてもなかなか対策は取りづらいものです。就職活動中から対策しておきましょう。

時間の悩みは、ブランクがあるため最初は仕事に慣れないので、ある程度仕事に慣れてくると業務時間を短縮できますが、それでは「いつになったら楽になるの」ということになります。

特に就職活動中から「十分に就職活動の時間が取れない」と感じている方は、「働き始めたらなおさら時間がなくなる」ということに気づいてください。準備をするなら今です。

生活のパターンを把握して、通勤や子供の送り迎えの時間・家事の時間・趣味の時間などを考慮して本当にあなたが仕事できる時間を把握しておきましょう。家事などに使う時間はどこをどうやって短縮できるかも考えておきましょう。

また、再就職先の診療科目や業務内容や残業時間なども就職活動中から調べて、自分がイメージしている仕事時間と合っているかどうかを考えておきましょう。

お金に関しても同様です。稼ぐことを目的にして再就職を考えているならば、お金のプランも考えておきましょう。働き始めることで起こる出費もあります。例えば、子供の保育費です。また、ブランク中に家族の扶養に入っているならば、健康保険や年金についても考えておきましょう。

パートタイムや非常勤での再就職を考えているなら、実際の手取りの給与が幾らになるかもしっかり計算しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?ブランクがある看護師の再就職には悩みはつきものです。でも悩んでいるのはあなただけではありません。

一人でただ悩んでいても解決になりませんし、ましてや再就職後の悩みを就職活動中に解決できるなら、今のうちに対策を取っておくに越したことはありませんよね。

そしてそれこそがあなたの再就職を成功させるステップになるんです!

ここで悩みの対策として有効な一つの手段に転職サイトがあります。転職サイトなら自宅のパソコンやスマートフォンで手軽に情報収集もできますし、担当のコンサルタントがあなたの就職活動を応援してくれますよ。

ブランクありの看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? ブランクのある看護師に関する記事一覧

転職サイトランキングを見る