ブランクありの看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? ブランクのある看護師に関する記事一覧

ブランクがある看護師にとって、急性期の病院・部署ってどんな職場?

ブランクがある看護師にとって、急性期の病院・部署ってどんな職場?

ブランクを経て看護師として再就職するとなると、再就職先選びにも慎重になりますよね。では、急性期の病院・病棟・診療科はどうでしょうか?

ブランクを置いて急性期の病院や部署で働くのは少し敷居が高い気もしますが、実際はデメリットばかりなのでしょうか?何かメリットはあるのでしょうか?

ここではブランクがある看護師目線で、急性期の病院や部署はどんな職場なのかを見ていきましょう。

ブランクがある看護師から見ると、急性期のここが辛いかも?

体力的に仕事がきつい

急性期は仕事がきつく、体力勝負!

急性期病院や急性期の部署は、急患や緊急手術が多かったり重症患者さんが多かったりと、毎日の仕事がバタバタと忙しい場合が少なくありません

ブランクがあると、バリバリ仕事をしていたときの体の感覚も忘れてしまっていることもあります。そんなあなたには急性期病院や急性期の部署は体力的にきつい職場かもしれません。

特に体力や体調を理由に看護師をいったん退職したという人は、再就職の時にはしっかり考えて職場を選びたいですよね。

勉強が大変

急性期は勉強が大変!

生命の危険がある患者さんや重症患者さんを扱っていると、勉強せずには看護はできません。しかもブランクの間に忘れていることもありますから、勉強することは山ほどあるかもしれません。

もちろん、再就職してすぐにそれほど危険な患者さんを担当することはないでしょうが、それでも勉強の必要性や緊急性は感じますよね。

職場の人間関係や雰囲気が難しい

急性期は職場の人間関係や雰囲気が難しい!

急性期の部署であるあるなのは、患者さんが重症なために看護師がお互いの仕事に厳しく、看護師の人間関係が難しく、その部署にとても緊迫した怖い雰囲気が漂っているなどの状況です。

ブランク明けで人間関係や雰囲気が厳しい部署に再就職すると、自分はどんな顔をして働けば良いのか・誰を頼って良いのか困ってしまいます。

ブランク前に人間関係が理由で退職したという方は、再就職する前にはその部署の人間関係や雰囲気には特に気を付けておきたいですね。

ブランクがある看護師から見た急性期の病院・部署は、どんな良いところがあるの?

給与・待遇が良い場合が多い

急性期は給与・待遇が良い場合が多い!

看護師としてブランクを経るとその間に生活スタイルや人生の目標などが変化していたりしますよね。

例えば、子供が成長して子育てに追われる時間ができたけどその分教育資金が必要とか、自分自身のためにお金をしっかり稼ぎたいとか、そういった目的で再就職する人も少なくありません。

給与をしっかり稼ぎたいというのが再就職の目的の一つになっている人にとっては、急性期の病院・部署は給与や待遇が良い場合が多いのは一つの魅力です。

急性期病院や急性期の診療科を扱っている病院は、地域の基幹病院や大規模な病院が多い

急性期は地域の基幹病院や大規模な病院に多い!

急性期、特に第二次・第三次救急を扱える病院は、概ね心臓血管外科系・脳神経外科系・胸部外科系・腹部外科・整形外科・口腔外科などが揃っていて生命のリスクの高い全身麻酔の大規模な手術を行える病院です。

あるいは、三大疾患(がん、脳血管障害、冠動脈疾患)など生命のリスクの高い病気を扱っている病院です。このような病院は、地域の基幹病院や比較的大規模な病院(ベッド数が数百床レベル)であることが多いです。

ところで、統計で看護師の給与の実際を見てみると、規模が大きい病院ほど平均給与は高いという結果が出ています。

地域差や病院の特性による個体差はありますが、平均給与で見ると差は明らかです。月の基本給で見ると、小規模な病院と比べると月1万円程度~4万円ほども差が出ることもあります。

また、規模が大きな病院は賃金表が整っていて昇給制度も明確な場合が多いので長期的に見ても給与が多く得られやすく、経営が安定しやすいので賞与の支払いも良い病院が多いです。

また、福利厚生についても制度が整備されている病院が多いと言えます。

夜勤回数や残業が多い

急性期は夜勤回数や残業が多い!

急性期の部署は仕事が忙しい場合が多いというお話をしましたが、統計で見ても夜勤回数や残業時間が多い傾向があります。このため、結果的に他の慢性期の部署や軽症患者を扱っている部署と比較すると支給総額が高い傾向があります。

体力的にきついかも、というところではデメリットでしたが、給与の点ではメリットとも言えることですね。

教育制度や指導体制が整っている場合が多い

急性期は教育制度や指導体制が整っている場合が多い!

ブランクがあると、技術や知識の点で追いつけるかな、と心配になる人も少なくないことでしょう。急性期で働くとなると、さらに不安になりますよね。

給与のところでお話したように、急性期病院や急性期患者を扱う病院は大規模な病院や地域の基幹病院が多いです。このため、様々な制度がしっかり整備されている場合が多いです。

教育制度や指導体制についても院内研修・ラダー制度・指導計画・院外の研修や学会への参加の支援制度などが整っている場合が多いので、ブランクがある看護師でも計画的に勉強しやすい環境が整っています。

また、急性期の部署は生命の危険に直結する部署が多いので、看護師も勉強をせざるを得ない環境だとも言えます。このため、看護師のモチベーションが高い部署が多く、病棟主催の勉強会を定期的に行っていたり、指導方法を工夫している部署も多いのです。

キャリアアップに繋がりやすい

急性期で働くと、キャリアアップに繋がりやすい!

急性期病院や急性期部署で働くと、全身管理や救命処置・様々な医療機器・手術・最先端の治療方法など様々な知識や経験が身に付きやすいです。

後々になって他の部署に異動しても役に立つ知識が身に付きやすいですし、認定看護師や専門看護師など色々な資格にも繋がりやすい部署だと言えます。また、急性期病院では資格取得へのサポート体制も整っていることが多いです。

出産などのために早くに看護師を退職したけれどこれから看護師として一旗上げたいという人や、これから看護師としてキャリアアップしていきたい、という人には打ってつけの部署だと言えます。

急性期は看護師としてのやりがいに溢れている!

急性期は看護師としてのやりがいに溢れている!

ここまで、急性期の病院・部署に再就職するメリット・デメリットを見てみましたが、最後にそれだけでは語れない急性期のお話をしましょう。

ブランクの間に忘れてしまって、再就職して欲しいものを思い浮かべてみてください。その中に「やりがい」は入っていませんか

急性期の病院・部署は、生命の危険が高い患者さんや重症患者さんが多いです。看護するのも大変ですが、その分、患者さんや家族から喜んでもらえる機会も多いですし、あなた自身もやりがいを感じることができるでしょう。

急性期という分野は、看護師として働くなら誰もが欲しいと思うやりがいのある部署の一つだとも言えますよね。

まとめ

いかがでしたか?

頑張って急性期で再就職してみようかなという方もいれば、魅力があるのもわかるけど私には今は難しいな、という方もおられるでしょう。

急性期で働いてみたい、と思った方にはぜひ転職サイトへの登録をお勧めします。なぜなら、急性期への再就職を成功させるには職場選びやそのための情報収集がとっても大事だからです。

転職サイトを使ってあなたに合った急性期の職場を探してみてください!

ブランクありの看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? ブランクのある看護師に関する記事一覧

転職サイトランキングを見る