ブランクありの看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? ブランクのある看護師に関する記事一覧

ブランク看護師にとって「3年」ってどんなキーワードなの?

ブランク看護師にとって「3年」って?

ことわざに「石の上にも3年」とあるように、「3年」という期間はどこででもしばしば節目としてとらえられますよね。

それでは、仕事をいったん退職してブランクがある看護師にとっては3年という期間はどういうキーワード、どんな節目なのでしょうか?

ここでは「ブランク期間が3年」という場合と「ブランク前の経験が3年」という2つのキーワードについて考えてみましょう。

ブランク期間の「3年」はどう捉えられるの?

「3年のブランクなら、ブランクなしも同然」?

3年のブランクなら、ブランクなしも同然?

今これを読んでいるあなたはちょうどブランクが3年程度、あるいは3年以内なのでしょうか?

そんなあなたが、今、看護師の仕事に対して抱いている感覚に耳を傾けてみてください。

どうでしょうか?まだブランク前の仕事の感覚はそれほど古くはありませんし、知識もさほど衰えてはいません。技術も少し手を動かせば再びブランク前のようにできそうです。

そりゃあ、仕事から離れた今の生活に、突然にフルタイムの仕事を入れて夜勤などを始めると、体は結構キツイだろうなぁ、とは思うでしょう。

でも仕事から離れてしまったという感覚はさほど強くないのではないでしょうか?

これならば、それほど職場選びに慎重にならなくても、生活のリズムやワークライフバランスに気を付けてさえいれば、再就職しても大抵の職場でうまくやっていけるでしょう。

再就職先から見てもウェルカム!

即戦力としてすぐに職場の戦力になってくれることを求めている職場も多いです。

自分自身が「ブランクがあると言ってもまだすぐに働けそうだな」と思っているぐらいなのですから、採用する側から見ても「ブランク3年のナース」は即戦力として期待できる相手です。

ブランク組も含め中途採用の看護師に対して、新卒看護師にはない経験を求めている職場はたくさんあります。また、即戦力としてすぐに職場の戦力になってくれることを求めている職場も多いです。

このような職場から見てブランクが3年程度ならば、ブランクがない転職組とそう遜色ない仕事ができるだろうなと期待できるので、どの職場からもウェルカムなんです。

ブランク期間が短いあなたに気を付けて欲しいこと

人間関係のトラブルや仕事のストレスによる病気など、辛い退職の仕方をした方は気をつけましょう。

ここで気を付けていただきたいのは、人間関係のトラブルや仕事のストレスによる病気など、辛い退職の仕方をした方の場合です。

退職して3年ほど仕事から離れると気持ちや体は楽になっているでしょうし、「働いても大丈夫かな」というぐらいの状態にはなっているかもしれません。

ただ、まだ仕事ができる感覚が残っているということは、仕事での辛い感覚もどこかに残っている可能性があるということです。働き始めることで、以前の辛い感覚にすぐ揺り戻されやすい時期だと言えます。

ですから、そういった理由で退職した方は、ブランク前と業務内容や雰囲気が似た職場は避けるなど、職場選びには十分に気を付けることがお勧めです。また、自分で「できる」と思っている以上に体力的にも余裕を持てる職場から働き始めるのがお勧めです。

もう一つのキーワード、「ブランク前の経験が3年」はどう捉えられるの?

「3年」の経験はやはり看護師として自立できる節目

「3年」の経験は看護師として一通り経験して、自立できる節目

あなたのブランク前の看護師としての職場経験はいかがでしょうか?

これはもしかすると経験がない人にはわかりにくい感覚なのですが、看護師資格をとってから3年程度看護師として働いたことがある、できれば同じ職場で働き続けたことがある、というのは看護師として自立できる一つの大きな節目です。

新卒で資格を取ってすぐの状態から、ただ業務に慣れる・指示されたことができる程度なら早い人で3か月~6か月、その職場のことが一通りできるようになるのに1年、より重傷者や複雑な処置ができるのに2年・・・。

そして、そういった看護業務を通り一遍の「業務」としてでなく「看護」として判断も含めてできるようになるのにはやはり3~4年程度はかかります

特に最近の学校教育では実務的な指導が減っているため、新卒看護師が看護師として自立して仕事ができるように育つには年々時間がかかるようになってきています。

ですから、「ブランク前の経験が3年あるかどうか」というのは、採用側から見ると採用するかどうかの一つの判断基準になり得ます

実務経験が3年ない看護師は、採用側から見ると「これから育てなければいけない看護師」ということになりますから、職場によってはより経験がある人が好まれる場合があります。

やはり「石の上にも3年」?「同じ職場で3年」にはこんな価値がある

「同じ職場で3年」にはこんな価値がある

さらに、先ほどの項で「できれば同じ職場で3年」と挙げたのにも意味があります。

というのは3年程度同じ職場や部署での勤続経験があるかどうかは、職場耐性を測る尺度にもなるからです。

3年以上の看護師経験があっても、同じ職場(医療機関)や部署である程度の勤続経験がない人は採用側から見ると「採用してもすぐ辞めてしまうかもしれない人」「職場を転々とする人」という風に見えてしまうということです。

一時的な求人をしている場合を除けば、大抵は採用側も安定した雇用を望んでいます。それに当てはまらない人と見られてしまうと、採用を敬遠されてしまうことがあります。

そんな「3年」のあなたが再就職で成功するには

そんな「3年」のあなたが再就職で成功するには

ここまで二つの角度からブランク看護師にまつわる「3年」ということの意味を見てきました。「3年」という期間はだてじゃなく、再就職にも影響がありそうですね。

でもブランク期間が3年以内ならどこで働いても大丈夫、と言われてもそれはそれで不安になるような、職場選びに迷うような気がします。

それに、3年の勤続経験がないからと言って今からすぐその経験自体を書き換えることはできません。

再就職で成功するには、あなたが持っているあなた自身の要素を有効に使うことと、職場が欲しがっている人材を知ることが大事です。

再就職の成功とは、あなたと職場との間に化学変化を起こすこと

再就職の成功とは、あなたと職場との間に化学変化を起こすこと

化学変化を効率的に起こすには、偶然を期待してもできませんよね。物には反応しやすい物、反応しにくい物、相乗効果を表す物、お互い阻害し合ってしまう物があります。

再就職でも同じです。偶然を期待して職場を探すのでなく、相乗効果を生みやすい、お互いに「働いてよかった・採用して良かった」となれる相手を探しましょう。

あなたの職歴にはどんな点があるのか、再就職することで何をしたいのか、生活とのバランスはどうするのか、今後の人生設計はどうするのか、などを具体的に考えてみましょう。

職場はどんな人材を求めているのかをよく見てみましょう。

その上で職場はどんな人材を求めているのかをよく見てみましょう。

即戦力になる人が欲しいのか、看護師免許があればそれでいいのか、看護師を育てる用意があるのか、看護師が育つことを待てないのか、長く働ける人が欲しいのか、一定期間働いてくれればそれで良いのか。

職場は何を求めているのでしょうか?そこをしっかり見つめてみると、あなたにマッチする職場が見つかります。それがあなたと職場との化学反応です。

まとめ

いかがでしたか?「3年」という期間にこんな意味があるなんて、と思った方もおられるのではないでしょうか?

さあ、あなたも化学反応を起こして再就職を成功させてみましょう!そこで転職サイトを活用してみましょう。転職サイトはあなたにふさわしい化学反応を起こせるような職場を見つけるお手伝いをしてくれますよ。

ブランクありの看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? ブランクのある看護師に関する記事一覧

転職サイトランキングを見る