ブランクありの看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? ブランクのある看護師に関する記事一覧

ブランクがある看護師の再就職、デイサービスはどんな職場?

もしかするとあなたがブランクをとっている間に起った変化かもしれませんが、最近ではデイサービスがとても増えています。デイサービスが増えているということは、その求人も増えているということです。

ブランクがあるあなたにはもしかするとイメージしにくいかもしれない職場、デイサービスってどんなところでしょうか?

また、ブランクがある看護師の再就職先として、デイサービスの向き不向きも見てみましょう。

デイサービスはこんなところ

デイサービスとは

デイサービスとは、自宅から通所する「通所介護」のことです。

デイサービスとは厚生労働省の言うところの「通所介護」を馴染みやすく言っている言葉です。つまり、デイサービスに集まってくる人はそもそも在宅で過ごしている人達です。

高齢者ができるだけ在宅で過ごすことができれば、高齢者向けの入所型介護施設の不足に対応できますし、痴呆や疾患の予防的効果があると言われています。ですから、在宅は高齢者医療のトレンドです。

いっぽう、在宅だけではリハビリテーションが十分行えなかったり、家族の介護疲れがあったり、孤独死のおそれなどもあるため、デイサービスに来ることで在宅だけではできないことをやるのです。

デイサービスにはどんな人が来て、どんなことをしているの?

デイサービスでは、食事や入浴などの日常生活の支援を受けることもできます。

デイサービスには在宅で療養している高齢者が通っています。また、障害者向けのデイサービスもあります。

デイサービスでは、レクレーションや機能訓練などを通してリハビリテーションを受けることができますし、食事や入浴などの日常生活の支援を受けることもできます。

デイサービスでの看護師の仕事はどんなものがあるの?ブランクがあっても大丈夫?

看護師は免許を持った専門職ですから、デイサービスでもそれに応じた業務があります。

通所者の健康状態の観察・管理・記録、薬の管理

通所者の健康状態の観察・管理・記録、薬の管理が、看護師の主な仕事です。

おそらくどのデイサービスでも看護師に特化している業務はこれです。デイサービスに来た通所者のバイタルサインズを測り、体調を観察して、記録をします。また、内服薬の確認や配薬も看護師が担うことが多いようです。

必要ならば通所者の主治医や関係先の医療機関と連絡をとり、時には診察が受けられるよう介助をすることもあります。また、そうするかどうかの判断が委ねられることもあります。

通所者に対する観察眼が必要なので、ブランクからすぐは感覚が戻りにくいかもしれません。最初は通所者の疾患についての勉強をしたり、医師と相談しあうことが大事でしょう。

ただし、デイサービスによってはとても「元気」な人ばかり集まっているところもあるので、そんなプレッシャーなんて全く感じないこともあります。

医療処置

看護師は褥創の管理などもします。

デイサービスでも必要とされることが多い医療処置としては胃ろうの管理・吸引・褥創の処置などがあります。これらはやはり看護師が中心に行う業務です。

胃ろうの扱い方も褥創の管理方法も、ここ数年で変わってきています。

ここ数年で胃ろうの扱い方や褥創の管理方法などはかなり変わってきています。5年10年くらい以上のブランクがあると、以前に経験があってもその時の知識は使えない可能性があります。また、これらの処置に使われる材料もかなり変化しています。

このような処置が必要なデイサービスにブランクがある看護師が再就職するときは、安全に処置をするためにも、指導を受け直したり知識を確認し直すことがお勧めです。

日常生活の援助

日常生活の援助も、看護師が行うことになる大切な仕事です。

デイサービスの通所者は日中を過ごす間ももちろん日常生活援助いわゆる介護を必要としています。これは介護士とともに看護師も行うことになる仕事です。

でも、看護師がどの程度の介護を行うか・通所者がどの程度の援助を必要としているかはそのデイサービスによってかなり内容が異なります。

ほとんど介護業務がないようなところもあれば、入浴介助に特化しているデイサービスもあります。介護の人手がとにかく惜しくて、看護師の主な業務も実際には介護業務だという施設もあります

通常はデイサービスには介護士もいますし、ブランクは気になりにくい仕事です。通所者の自立度が低いところや入浴介助に特化しているところでは体力を必要になるかもしれません

リハビリやレクレーションの援助

リハビリやレクレーションの援助も看護師の業務になることがあります。

デイサービスの大きな目的の一つであるリハビリやレクレーションの援助も看護師の業務になることがあります。レクレーションで生き生きとする通所者の表情を見るのはとても楽しいかもしれません。

リハビリは主には理学療法士の専門分野ですのでリハビリ計画はそちらの仕事となることが多いですが、看護師も専門家として助言が求められることやリハビリ計画作成に参加することもあります

経験があるなら、ブランクがあってもOK!

ブランクがあるかどうかよりもリハビリテーション看護の経験があるかどうかが影響する業務だと言えるでしょう。

ブランクのある看護師がデイサービスに再就職するときに気を付けたいこと

ブランクがあっても馴染めるかな?

デイサービスはブランクがあっても馴染みやすい仕事と、馴染みにくい仕事が同居している職場だと言えるかもしれません。しかし、デイサービスの施設や通所者の状態に大きな差があるので、一概に大変な職場だとも言い切れません。

看護師とは名ばかりかのように介護職と同様の作業を求められる職場も少なくありませんし、その場合にはブランクも気にせずに仕事ができるかもしれません。

業務内容の確認は事前にしっかりと!

デイサービスで看護師に求められる業務内容はかなり差があるので、再就職するときには通所者の状況や業務内容などについてしっかりと情報を収集して、採用者とも話をしておくことが大切です

看護師が責任を負う場合が多いです。

また、デイサービスで働く人の割合としては介護士が多く、看護師は少ないことが多いです。看護師は介護士より上位の責任をもつ医療専門家ですから、何らかの責任を負う場合があることには十分に気を付けておきましょう

ブランクがあっても皆忙しくて指導を十分に受けることができない場合もあります。

先輩にあたる看護師の人数が少ないことで、ブランクがあっても指導を十分に受けることができない場合もあります。指導環境もどうなっているか、しっかり確認しておきたいですね。

まとめ

いかがでしたか?デイサービスと一口に言っても色々な職場・色々な仕事があるんですね。

医療系の専門職としては、看護師は医師に次いで責任範囲が広いですから、デイサービスのように介護士が多くを占める職場に再就職するときには注意が必要かもしれません。

ブランクのあるあなたの場合は、しっかりと情報をとって自分に合う職場を選びたいですね。しかしデイサービスは施設に大小もあり、職場の情報を取ることがかなり難しいかもしれません。

デイサービスでの仕事に興味があるけれども自分で情報がうまくとれない、どんなデイサービスが働きやすいかがわからない、というあなたには転職サイトがお勧めです。

転職サイトのコンサルタントを活用して、たっぷり情報収集して色々な職場を比較して、あなたに合ったデイサービスの職場を見つけることもできますよ。

ブランクありの看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? ブランクのある看護師に関する記事一覧

転職サイトランキングを見る