ブランクありの看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? ブランクのある看護師に関する記事一覧

ブランクがある看護師の外来への再就職はこれで決まり!

ブランクがある看護師の外来への再就職はこれで決まり!

再就職のために就職活動をしていると色々な職場に出会いますよね。その中でも外来という職場はどんな特徴があるのでしょうか?

今回は外来という職場の特徴と、特徴を踏まえた再就職先選びについて、ブランクナースの目線で見てみましょう!

外来という職場はどんな所なの?

外来という職場はどんな所なの?

「外来」とは文字通り、外から来た患者さんを診察してその場で必要な処置や検査をして帰す、という場所です。ではブランク看護師から見てどんな特徴があるのでしょうか?

診療科限定・通院できる患者さんなので働きやすい

限定された診療科を中心に覚えていけばいいので、勉強しやすく働きやすい!

外来というのは、基本的に診療科が限定されています。このため、外来の業務ではその診療科限定で知識や必要な技術があれば働けます

つまり、ブランクがあって知識を忘れてしまったとか、最近の医療について疎くなってしまったとかということがあっても、その診療科を中心に覚えていけばいいので、勉強しやすく働きやすいです。

診療科限定・通院できる患者さんなので働きやすい

また、患者さんは当然通院できる状態の方ばかりなので、病状としては安定した方が対象です。

こう言っては何ですが、自分の技術や判断が生命の危険に直結しにくいですので、ブランクがあってもちょっと安心ですよね。

ただ、診療科目が限られているとはいえ勉強は必要になります。特にクリニックなどでは教育体制が整備されていないために、業務の指導を受けたらあとは自主勉強、というところも多いので気を付けたいところです。

規模の大きな病院では「外来」というくくりで診療科を問わずに看護師をローテーションすることもあります

また、規模の大きな病院では「外来」というくくりで診療科を問わずに看護師をローテーションすることもありますし、救急外来では様々な疾患への対応を求められるので気を付けましょう。

救急外来では様々な疾患への対応を求められるので気を付けましょう

常にそばに医師がいるので安心

常にそばに医師がいるので安心

通院できる患者さん達で病状が安定していると言っても急変対応は全くないわけではありません。しかし、外来の強みは「絶対に常にそばに医師がいる」ことです。

ブランクがあって多少急変対応に不慣れでも、そばに医師がいれば安心して働けますよね。

日勤を中心にした色々な働き方が選べる

日勤を中心にした色々な働き方が選べる

外来は基本的には日勤が中心ですが、職場によりけりで色々な働き方があるのも、結婚や子育て・介護・勉強など様々な理由のために退職したブランクナースには嬉しいところです。

まず外来には9時~5時のようなスタイルで日中勤務の職場があります。この場合、非常勤(パートタイム扱い)での雇用と、正職員(フルタイム)での雇用があります。

入院施設を備えた病院の正職員での雇用ならば、ゆくゆくは病棟勤務や夜勤がある職場でしっかり働きたいという方にも向いています。正職員なら昇給やボーナスも期待できますよね。

パートタイムでなら、午前中・午後・夜間帯(主に20時ぐらいまで)での選択やシフトで組み合わせて働ける職場もあります。

子育て中で幼稚園のお迎えがある方なら午前中の仕事は働きやすいですし、日中は学校などに通っている方なら夜間帯だけの仕事も良いですよね。

また、救急外来ならば先ほどのような日勤・パートタイムに加えて夜勤(2交代・3交代)があります。救急外来の夜勤は、幅広い疾患や様々な処置に対応できなければいけないので、よほど経験がある場合や希望した場合を除いては再就職後すぐに夜勤を求められるケースは少ないです。

日替わりの患者さんが相手ということは・・・?

日替わりの患者さんが相手ということは・・・?

外来は通院の患者さんが相手ですので、対応する患者さんは日替わりです。病棟のように担当患者がいるわけではありません。

担当が決まっていない分、多少気楽に働けるところはあるでしょう。その代わりに、様々な患者さんにどんどん対応しなければいけないので、多少のコミュニケーションスキルが求められる場合があります

この辺りは個人の資質や経験が物を言う点でもあり、ブランクがあっても得意としている人には楽しめる職場です。いっぽう、新しい対人関係は苦手という方の場合は気を付けたい職場です。

外来を再就職先に選ぶには

ポイントになるのは「診療科目で選ぶ」「働き方で選ぶ」「職場の雰囲気で選ぶ」でしょう。

診療科目はどこにしようかな?

子育て中の方なら小児科・耳鼻科など子供がかかりやすい病気を扱う診療科がおすすめ。

ブランクが長い方であれば、基本的に以前に経験のある診療科目の外来がおすすめです。以前に経験がある診療科のほうが、新しい職場での疾患に関する知識や仕事が覚えやすいですよね。

ブランクが短い方やブランク前に色々な診療科での経験がある方ならば、少しチャレンジして新しい診療科目で働いてみるのも、視野が広がって楽しいかもしれませんよ。

また例えば、子育て中の方なら小児科・耳鼻科など子供がかかりやすい病気を扱う診療科、妊活中なら産科、などあなたのライフスタイルに応じて知識が欲しいところで働いてみる、というのも一つの選び方です。

働き方はどうしようかな?

プライベートと仕事、どっちにウェイトを置こうかな?

これから仕事にどんどんウエイトを置いてがんばっていきたいという方であれば、病院の外来で正職員としての再就職か、あるいは正職員での採用への道があるパートタイムを選ぶと良いでしょう。

また、子育てや介護など家庭や自分の趣味などに時間をかけたいという方ならば、あなたの生活スタイルを優先して働くのがベストでしょう。

職場の雰囲気はどんなところが良いかな?

職場の雰囲気はどんなところが良いかな?

外来の職場の雰囲気はかなり職場ごとに違います。雰囲気に影響する要素としては「患者数」「患者さんの構成」「スタッフの構成」などでしょう。

外来にあるポジティブな雰囲気は、「明るくアットホーム」「おだやかでのんびりしている」「仕事をてきぱきとこなしている」「お互い助け合っている」「シフトを譲り合っている」などです。

逆にネガティブな雰囲気としては、「忙しすぎてギスギスしている」「暇すぎてダラダラしている」「お互いを監視し合う」「怖いボスのような人がいる」「休みを言い出せない」などです。

とにかく一概には言えないので、職場の人間関係を気にする方は、職場の雰囲気についてリサーチしておいたほうがいいでしょう。

また、子育て中など急な休みが必要になることが予測される方は、休みの取りやすさや職場の先輩ナースに子育中の人がどのくらいいるかなどを調べておくと良いでしょう。

ブランクナースのための外来のすすめ、総論

「外来」という職場はブランクを経た看護師が再就職のファーストステップとして取り掛かりやすい職場!

総じて言いますと、「外来」という職場はブランクを経た看護師が再就職のファーストステップとして取り掛かりやすい職場だと言えるでしょう。

ブランク以前のあなたと今ブランクを経たあなたには様々なギャップがあります。ライフスタイルのギャップ、知識のギャップ、技術のギャップ、体力のギャップ、仕事観・人生観へのギャップなど・・・。

そのギャップをいきなり越えてブランク前と同様に仕事をすることはできないとあなたは知っています。

そして、最初の項で挙げたように、外来には今のあなたにも十分フィットし得る余白があり、次へのステップに繋げる余白もある、ということなのです。

ですから、「ブランクがあるから看護師として再就職はキツイかな?」と感じている方には特に、トライしてもらいたい職場が外来です。

まとめ

どうでしたか?ブランクがあるから再就職を迷っているという方も、これから看護師として再びどんどん働くぞという方も、ウェルカム!なのが外来なんですね。

よし、外来に再就職するぞと決めたあなたも迷っているあなたも外来への再就職は転職サイトを介して、がおススメです。

なぜって?外来は特にその職場によって雰囲気が違うんです。転職サイトでしっかりリサーチしてあなたに合った職場を見つけましょう!

ブランクありの看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? ブランクのある看護師に関する記事一覧

転職サイトランキングを見る