ブランクありの看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? ブランクのある看護師に関する記事一覧

ブランクを経た看護師がはまりやすい「辛い再就職」のなぜ?と、その対策を解説!

辛い再就職にならない為に何ができる?

看護師がブランクを経て再就職すると、「再就職ってこんなに辛いの」「何でこんなに辛い再就職になってしまったのか」という場合があります。

では、どうしてそんなに辛い再就職になってしまったのでしょうか?そうならないためにはどんな対策ができるのでしょうか?

ブランクを経て再就職した看護師が「辛い」と思うのはこんなこと

体力的に「辛い」!

体力的に「辛い」!

働き始めて最初に感じやすい「辛い」は体力のことかもしれません。

いざ働いてみると、バタバタと1日中走り回ってへとへとに疲れたり、膝が痛くなったり、患者さんを持ち上げたりかがんで処置をしたりで腰が痛くなったり、最近ではパソコンでの業務で目や頭が疲れたり・・・。

夜勤をしてみると次の日はもう動けなくなったり睡眠のパターンが変わって眠れなくなったり・・・。

また、夜勤をしてみると次の日はもう動けなくなったり睡眠のパターンが変わって眠れなくなったり・・・。

再就職してみると「看護師ってこんなに体が辛い仕事だったの!」となることがよくあります。

これはブランクの間に体がお仕事を忘れてしまうためです。また、ブランクの前のキャリアよりも業務量が多い職場に再就職するとこんなことが起こります。ブランク期間中は規則正しい生活だったのに、再就職していきなり夜勤をすると生活のリズムが狂って体に堪えます。

仕事についていけない!仕事を新しく覚えるのが「辛い」!

仕事についていけない!

次にブランクがある看護師にありがちな「辛さ」は知識や技術に関することです。ブランクが長ければ言うまでもなく仕事についていくのはなかなか大変ですが、それほどブランクが長くなくても思いのほか「辛い」と感じることもあります。

ブランクの間に知識や技術は忘れてしまう一方で、医療技術はどんどん進歩し医療情勢はどんどん変化します

またブランクが長くなると年齢も重ねることになるため、新しい仕事を覚えるのがだんだんと困難になりますし、新しい環境や仕事に慣れるのが大変になります。

すると、復職したときに自分で予想している以上に仕事についていけなかったり、仕事を覚えるのがとても辛くなってしまうのです。

精神的に「辛い」!

精神的に「辛い」!

看護師の仕事は命に係わる仕事ですから、緊張したりストレス度も高いものです。また、最近は医療訴訟も増えていて患者さんからのクレームに医療機関も神経質になっています。

ブランクの間は仕事から離れていたのに再就職して仕事に就くと突然その緊張感のある現場に戻されるのです。ブランクの間その緊張から離れていただけに復職してしばらくは余計に緊張感を強く感じる方もいます。

そのうえ、体力的に辛いという場合や仕事についていけないという辛さが伴っているとさらに精神的に追い込まれてしまうこともあります。

また、救急や急性期の病棟など職場の雰囲気が厳しい場合もありますし、周りが若い看護師ばかりのところに自分一人がブランクありで再就職すると会話が合わず相談相手がいない、というような場合もあります。

いったいなぜ?そんな「辛い再就職」になってしまったの?

大きな原因は再就職先選びにあり!

「ブランクOKの職場」と書いてあるからと言っても本当にOKなのでしょうか?それは誰にとってのOKでしょうか?

「辛い再就職」の原因でよくあるのはそもそも再就職先が“ブランク後”というあなたの状況に合っていないという場合です。言うなれば再就職選びの失敗です。

「ブランクがあるとはいえ私は看護師、再就職はどこでも大丈夫だろう」と安易に考えるのは禁物です。また、給与など何か就業条件の一部情報だけを優先にして再就職先を選ぶのも失敗のもとです。

「ブランクOKの職場」と書いてあるからと言っても本当にOKなのでしょうか?それは誰にとってのOKでしょうか?再就職先が考える「OK」とあなたの「OK」は必ずしも一致しないかもしれません。

再就職先の情報が足りないままに決めてしまうと、働き始めてから「こんなはずではなかった」ということが起こってしまいます。

あなたは本当に再就職への準備ができていますか?

あなたは本当に再就職への準備ができていますか?

「辛い再就職」の原因で、再就職先選びの失敗とともに多いのは再就職への準備不足です。再就職先によっては、知識や技術についてのブランクを埋め合わせるような準備が必要かもしれません。

「体力や気持ちについての再就職への準備なんて考えたことなかった」という人も、やはり働き始めてから辛い思いをすることがあります。

「辛い再就職」にならないためにはどんな対策ができるの?

再就職先選びは慎重に!

先ほどもお話したように「辛い再就職」にならないようにするにはまずは再就職先選びが大事です。では再就職先選びには何が大事なのでしょうか?

何といっても再就職先の情報収集が大事!

何といっても再就職先の情報収集が大事!

とにかく大事なのは再就職先の情報をより多くより詳しく掴むことです。もちろん、求人情報に載っているようなこと以上のことです。

例えば、体で辛い思いをしたくなければ、実際の業務内容や残業時間や夜勤回数について詳しく知っておくことが大事です。同程度の給与や似た待遇の職場を幾つか比較してみることも良い参考になりますよね。

また、仕事についていけないくて辛い思いをしたくなければ、教育体制や指導体制について知ってどんなサポートが得られるのかを知っておくことが大事です。

あなたがすぐに仕事についていけるような職場を選びたいならば、診療科目だけでなく実際にどんな患者さんを看護する職場なのかを知っておいたほうが良いでしょう。

精神的に辛い思いをして働きたくなければ、職場の雰囲気がどんな風かという情報は必須です。また、生命のリスクが高い患者さんが多い職場や神経質な患者さんが多い職場では緊張度も高いでしょう。

加えて、どんな同僚がいる職場かといった情報も大切です。あなたのようにブランク後に再就職したという人が多い職場なら安心でしょう。

総合して離職率も大事な指標です。看護師が働いていて辛い職場ならば、離職率は高くなります。平均勤続年数が長い職場なら働きやすい職場かもしれません。

情報の取り方が大事

良い職場は自分目線で見つけ出す

求人情報やハローワークなどの求人票では決まりきった情報しか載っていませんし、それは職場から発信されたものを見るだけの情報です。つまり受け身の情報収集です。

職場から発信される情報は言わば、職場目線の情報で、人を獲得するための情報です。でも、あなたが必要としているのは、「あなたが働くべき職場を見つけるための情報」です。

よほどブランクが短くブランク前のキャリアも十分ならば職場選びに事欠きませんが、ある程度ブランクがあるならば再就職の際にブランクを甘く見るのは危険です。

職場から離れている分、看護の現場の情勢にも疎くなっていますし、体力や技術も落ちています。生活スタイルも変化しているはずです。ですから、あなた目線での情報収集があなただけの再就職につながるのです。

再就職のための準備も考えておこう

まずは体力に自信をつける!

再就職先の情報を十分調べて、教育体制がしっかりしているとか、試用期間がはっきりしているとか、夜勤に入るまでに猶予があるなど、ブランクのあるあなたがサポートが得られそうなところなら問題はないかもしれません。

しかし、再就職後のサポートが十分に得られそうにない職場や自分にチャレンジして少し技術や体力的にハードルが高めの職場を選んだあなたや、あるいはどうしても技術に不安があるというあなたならば、再就職の前に準備をしておくことをお勧めします。

なぜなら、働き始めてから「辛い!」「しまった、準備しておけばよかった!」と思ってももう遅いからです。

再就職のための準備も考えておこう

ブランク看護師の再就職を支援して離職を予防するために、再就職前に受けられる研修や講習(セミナー)の類が数多くあります。当サイトの中でもそういった研修や講習(セミナー)を解説していますのでご参照ください。

まとめ

どうでしたか?ブランクナースがはまりやすい辛い再就職、こんなことにはなりたくないですよね?

「辛い再就職」はしたくないけれども、私目線での情報収集・私だけの再就職ってどんなのか、イメージが湧かない、という方もいると思います。

そしてそれはあなたが再就職で何を得たいか、今や未来のあなたのライフスタイルはどんなものをイメージしているかなどによって一人ひとり違うものになるはずです。

そこで、転職サイトの活用はとてもお勧めです。転職サイトでは担当のコンサルタントがあなただけのための再就職をサポートしてくれますよ!

ブランクありの看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? ブランクのある看護師に関する記事一覧

転職サイトランキングを見る