ブランクありの看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? ブランクのある看護師に関する記事一覧

ブランクがある看護師の転職どうしたらいいの?転職ノウハウ教えます!

ブランクを経て看護師に再就職しようとか、ブランク期間中に他の仕事をしていたけれどもう一度看護師に転職しよう、という方、実は少なくないんです。

でも改めて転職しようと思うと、どう動いていいかわからない、という方も少なくないはず。

こちらではブランクがある看護師のための転職のノウハウについてお話しましょう。

ここで出てくるノウハウについては当サイト内のリンク先で詳しくご紹介しています。こちらを読んでから、リンク先も参考にしてみてくださいね。

ファーストステップ・・・まずは準備を!

転職先を探す前にまずは準備をしましょう!

就職先をイメージする

まずはどんな職場で働きたいか、どんな仕事をしたいか、どんな勤務時間でどんな勤務形態で働きたいかなどをイメージしましょう。

その過程でブランクがあるあなたに今できること・これから挑戦してみたいこと・仕事で達成したいこと・希望する賃金や待遇・自分が働ける時間・採用形態などを洗い出してみましょう。

ところで、あなたが看護師の仕事から離れている間に看護師の就職先も多様化しています。色々な就職先がありますので就職先の記事はぜひ参考にしてみてください。

情報収集をする

実際にどんな就職先からどんな求人が出ているのか、情報を集めましょう。

求人情報を集めるには色々な情報源があります。例えば、ハローワーク・ナースセンター(看護協会の就職あっせん事業)・転職サイト・求人情報誌・フリーペーパー・貼り紙・病院のホームページなどです。

また、看護協会や企業や医療機関が連携して看護師や医療職向けの就職・転職の合同説明会を開催していることもあります。

このとき、情報はただ集めるだけでなく、吟味することが大事です。だってあなたは看護師としてはブランクがあるわけですから、どこでもOKというわけではありませんし、就職先を選ぶにもブランクナースなりのポイントがあるわけです。

ブランクがあるあなた向けの求人の見方は求人の記事をご覧になってみてください。

転職支援サービスを活用する・選択する

先ほど挙げたように、転職するにも色々な情報源がありますが、信頼できる情報源を選びましょう。また、できるだけ多くの情報を引き出すには、人的な介入がある転職支援サービスを活用するのがベターです。

主な転職支援サービスにはハローワーク・ナースセンター・転職サイトなどがあります。

中でもこちらでおすすめしている転職サイトはプロの転職コンサルタント集団ですから、信頼性が高いことは言うまでもありません。

履歴書を書く

履歴書を準備しましょう。履歴書はただ経歴を書くところだと思ってはいけません。

ブランクがある看護師であっても、就職先に自分をアピールするには履歴書は大事なツールです。ブランクナース向けの履歴書の書き方のポイントは当サイトの履歴書で解説していますよ。

セカンドステップ・・・いざ就職活動!

応募する

就職先をどこにするか決めて応募しましょう。このとき、転職支援サービスを利用している場合は、そこから応募するほうが有利です。

なぜなら、採用側からすると少しでも信頼性が高い人を雇いたいと考えるわけです。この点、転職支援サービスを通じての応募だと、採用側から見ると信頼性が高いことは言うまでもありません。

また、応募する前に就職先を決めるという段階でも転職支援サービスの存在は欠かせません。なぜなら、転職支援サービスは様々な求人情報のエキスパートだからです。

ブランクがある看護師の場合は職場の条件も色々と制限されることもありますし、かなり悩んで決めなければならないこともあります。

そんな時にあなた一人で考えるよりも、多くの転職を扱ってきたプロの意見はとても役に立ちますよ。

面接

応募が受け取られたら面接を受けることになります。ブランク看護師なら面接もかなり久しぶりという方もおられるでしょう。

面接はただこちらが審査されるだけの場所ではありません。ブランクがあるあなたがアピールする場所でもあり、また、こちらも採用側の様子を知る場でもあります。

ブランクがある看護師の面接については当サイトの面接をご覧になっていただくと、そのポイントがおわかりいただけますよ。

ファイナルステップ・・・内定から再就職へ!

内定が出たからと言って、まだまだ油断は禁物ですよ。

円満退職で気持ちよく

看護師以外の仕事をしている方は、退職の意思を伝えて、円満退職の準備をしましょう。「退職の意思を伝えたのにこれから退職の準備をするってどういうこと?」と思われるかもしれませんね。

退職の準備をするとは「あなたがいなくなってもその仕事が滞りないようにする、あなたが辞めることで迷惑をかけないようにしておく」ということです。

現在されている仕事の内容によっては、あなたがやるべき仕事を終えたり、引継ぎをしたり、あなたの後任を決めたりするためには、あなたの内定が決まるよりも早く意思表示して準備しておくことも必要かもしれません。

改めて業務開始の前にしておくこと

内定が決まって仕事が始まる前に、しっかり再就職先の就業条件や待遇などについて確認しておきましょう。これは労働契約が始まる前だからこそできることです。

研修や講習を受けておくのもベター

ブランクのために技術や知識に自信がないというあなたなら、仕事が始まる前に研修や講習を受けておくのも良いでしょう。

もちろん、再就職先によっては教育体制が整っているところもありますが、必ずしもそうとは限りません。

看護協会など無料で行っている研修などもあります。詳しくは研修講習の記事もご覧ください。

まとめ

いかがでしたか?転職の流れやノウハウについてご説明しました。

ブランク看護師だからこそ気を付けたいことやポイントがありますので、リンク先もご覧になって対策ばっちりで転職に臨みましょう!

ここで転職支援サービスについてお話しましたが、その中でもあなたの力になってくれるのは転職サイトです。転職サイトならあなた担当のコンサルタントがいますので、あなたの就職活動の心強いサポートになってくれますよ。

ブランクありの看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? ブランクのある看護師に関する記事一覧

転職サイトランキングを見る