ブランクありの看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? ブランクのある看護師に関する記事一覧

看護師が再就職する時、ブランクの期間によって職場の向き不向きはあるの?

私達に向いている職場を教えてください!

看護師でブランクがある、と一口に言っても期間はその人によって様々です。ブランクが1年の看護師と10年15年といった看護師とでは、どんな仕事ができるかということもかなり異なるのが現実です。

では、ブランクの期間によって、向いている職場・向いていない職場はあるのでしょうか?一緒に考えてみましょう!

ブランク期間1~3年程度の看護師に向いている職場・向いていない職場

どんな職場でも挑戦可能

ブランク期間1~3年程度ならどんな職場でも挑戦可能!

ブランク期間1~3年程度なら、実際のところ採用する職場の側から見るとほとんどブランクはないものと見做されるでしょう。

まだ仕事の感覚や知識や技術もすっかり忘れているというほどではないですし、簡単なトレーニングをしてしばらく働けばすぐ仕事に馴染めるので、職場の即戦力になれる人材としてほとんどの職場から歓迎されるはずです。

ブランク期間よりも気にされるのはブランク前のキャリアだと思われます。ブランク前のキャリアはある程度長いほうが採用されやすいでしょう。

採用する側が選ぶというより、あなたが職場を選ぶ側に立てるほどです。再就職を機にさらにステップアップしたいと考えている人は、専門性が高い医療機関や救命救急といった分野への再就職も可能でしょう。

向いていない職場はあるの?

ブランクがあると向いていない職場はあるの?

例えば救急救命や集中治療など、かなり専門性や緊急性が高い職場では看護師の技術や判断が患者さんの生命に直結しているため、ブランクがあるというだけで採用が難しい場合もあります。

特にブランク前のキャリアがとても短い場合には採用を敬遠される場合が多くなります。

病棟でバリバリ働いていた方がクリニックやデイケアなど全く違う職場で働いてみると物足りなさを感じるかも。

また、採用されることには問題はありませんが、病棟でバリバリ働いていた方がクリニックやデイケアなど全く違う職場で働いてみると、仕事の内容に物足りなさを感じるかもしれません。

ブランク期間5年~10年までの看護師、再就職に向いている職場・向いていない職場は?

ブランク前のキャリアで経験があるような分野がおすすめ

ブランク前のキャリアで経験があるような分野がおすすめ!

ブランク5年~10年となると、かなり知識や技術や仕事の感覚を忘れつつあります。でも、ブランク前に働いた経験があるような分野・診療科なら、職務経験を通してつけた知識は忘れにくいものです。

ブランク前と似た状況で働いているとおのずと以前の経験を思い出しやすいので、仕事にも慣れやすいし、働いてからの勉強もしやすいでしょう。

ブランク前に働いていた職場に復帰するのも、仕事を知っているという意味では働きやすいですよね。

ブランクが5~10年あると、知識や技術だけでなく体力的にも落ちていることもあります。

また、ブランクが5~10年あると、知識や技術だけでなく体力的にも落ちていることもあります。ですから、ブランク前の経験よりも体力を使わなくて済むような業務内容の職場ならばより仕事に慣れやすいかもしれません。

例えば、急性期の病棟の経験があるなら慢性期や療養型の病棟、循環器内科病棟の経験があるなら循環器のクリニック、ブランク前より夜勤が少ない職場といったふうに職場を探してみると仕事に入りやすいかもしれません。

向いていない職場・採用が難しい職場

ブランクが長くなってくると急性期や超急性期を扱う救急救命や集中治療系、場合によっては急性期病院や地域の中核病院などでは採用が難しいことがあります。

急性期病棟での採用は即戦力がキーワード!

このような職場は看護が患者さんの生命に直結しているため、長いブランクを経てすぐでは即戦力として働くことが難しいうえに、患者さんの生命の危険にも繋がりかねないからです。

どうしてもこういう職場で働きたいという方は、他の病棟で働くなどワンクッションおいてから急性期の職場にチャレンジするのが良いでしょう。

ブランク期間が10年を超える看護師の再就職、向いている職場・向いていない職場は?

基本的な看護業務や介護業務を覚えなおすつもりで職場を探してみよう

ブランクが10年を超えるなら、基本的な看護業務や介護業務を覚えなおすつもりで職場を探してみよう

ブランクが10年を超える長期になると、看護師としての知識や技術や体力が落ちているだけでなく、医療情勢や看護情勢がかなり変化していてそこについていけない可能性があります。

ですから、このように長期のブランクを経て看護師として再就職する職場は、ただ働くだけでなくそのブランクを埋めるような勉強や訓練も兼ねていると考えましょう。

そう考えると、基本的な看護技術を使うクリニックや高齢者施設や療養型病院など介護系の業務が多い施設、患者さんの経過をゆっくり考えて看護できる慢性期の病棟などが向いているのではないでしょうか。

そして、できれば教育制度や指導が行き届いた医療施設を選んで働きたいですね。

また、体力を考えると夜勤がない(少ない)・休みがとりやすい・残業が少ないといった職場を探すのがベターでしょう。体が慣れるまでパートタイムから働き始めるのも悪くありません。

向いていない職場は?

ブランク30年だと…

やはりブランクが長期になると急性期系での採用は難しいですし、ブランクが長期になると年齢からも体力的な支障が出てきますので急性期系で働くのはあまり向いているとは言えません。

あなたがブランク前に働いていた時とはかなり業務内容も変わっているので、いきなり再就職してフルタイムで夜勤までやる、というのは少し向いていないかもしれません。

また、周りが若い看護師ばかりの職場も、体力・知識・雰囲気などの点であまり合わないかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?あなたのブランクの期間に応じた職場のイメージは持てたでしょうか?

ブランクのおおよその期間を目安に再就職についてそれぞれお話ししている記事も当サイト内にありますので、どうぞそちらもご参照ください。

この記事を読んで、「自分はこういう職場への再就職を目指そう」と思えた方も、「どうやって職場を探せばいいかわからない」という方にもお勧めしたいのが転職サイトの登録です。

再就職を成功するには、ブランク期間だけでなくブランク前のキャリアやあなたの将来の展望なども踏まえた職場探しをすることが重要です。

転職サイトは専門のコンサルタントもいて、あなたの再就職を成功させてくれるパートナーなんですよ。

ブランクありの看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? ブランクのある看護師に関する記事一覧

転職サイトランキングを見る