ブランクありの看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? ブランクのある看護師に関する記事一覧

ブランクがある看護師が面接を受けるときどんなことに気を付けると良いの?

ブランクがある看護師が面接を受けるときどんなことに気を付けると良いの?

ブランクがあるということは、就職活動というものに関してはもっとブランクがあるということかもしれません。よく考えれば、面接なんていうものは何年ぶりでしょうか?

でも、ブランクを挟んでいるので看護師としてもちょっと自信もないし、面接で何か聞かれたらどうしたらいいかわからない、という人は少なくないかもしれません。

今回はブランクのある看護師が面接を受けるとき、どんなことに気を付ければいいか、というお話を見ていきましょう。

履歴書は面接の前の面接

ブランクがあると、履歴書を書くのも久しぶりなのではないでしょうか。実は面接の前にすでに履歴書で応募者の第一印象の決定打になることもあります。履歴書は面接の前の面接なのです。

履歴書ではただ経歴が分かれば良いと思っている人も多いようですが、履歴書をどう書くかは相手にどう印象付けるかを左右します。また、面接官は履歴書を手にしながら面接することも多いのです。

ここでは履歴書の書き方についても簡単にポイントをお話ししますが、履歴書の書き方についても詳しく調べておいたほうがいいですよ。

ちなみに、もっと詳しく履歴書の書き方について調べたいという方は当サイトの「看護師の履歴書はブランクもプラスの顔として書こう」という記事もご覧ください。

字はキレイでなくとも読みやすく丁寧に書く

履歴書は自己紹介する第一歩だと思って、相手が読みやすいように丁寧にはっきり書くと好感度が高いです。字がきれいなのかどうかではなく、気持ちを込めて書くかどうかということです。

乱れた字や小さい字・薄い字などは好感度が下がります。あまりに雑に書かれていると履歴書の字を見ただけで不採用にされることもあります。看護師は人が相手の仕事なので、丁寧に履歴書を書けないと、相手を大切に思いやれないように見えるのです。

志望動機の書き方

素直に自分がなぜこの医療機関を選んだのかを書きましょう。無理に高下駄を履いて相手を褒めようとする必要はありません。ここは、面接でも話題に出たりするところなので、無理をして書いても面接でぼろが出るからです。

もちろん、相手先をよく調べて気に入ったところがあったなら惜しみなく書きましょう。例えば「病院の理念が自分に合った」「看護方針が気に入った」「こういう治療をしているので自分も参加してみたかった」など・・・。

就業条件の書き方

こちらも素直に最低限自分が希望する条件は明記しておきましょう。隠したり無理をしたりして良く書いて採用されても、お互いに後で辛い思いをすることになります。

面接で求められているものは何?

面接で求められているものは何?

学生が就職活動をするときと、ブランクがある看護師の再就職とでは面接で求められているものは違うかもしれません。学生の就職活動なら、どれほどその職場で働くことを希望しているかといった意気込みなどをアピールしますよね。

ブランクがある看護師に採用先が求めているものは、「大人としてあるいは専門職業人としての対応」や「できれば即戦力として働ける力」や「仕事と私生活を折り合いをつけて長く働いてほしい」といったことなどです。

面接の時にも求められているものは、採用先が抱いている要望を概ね満たしてくれるようなイメージの相手かどうか、ということになります。

相手が求めていることが見えると、面接でアピールできることや大事なことが自ずと見えてきます。ですから、相手がどんな人材を欲しがっているかということを知っておくと良いかもしれませんね。

ブランクがある看護師の面接で大事なこと

相手先の服装規定を調べてそれに合わせたメイクや服装を準備する

看護師の面接…どちらのメイクがふさわしい?

医療機関、特にある程度の規模がある病院や企業の看護師などは、公人として服装規定が厳しい場合があります。髪や口紅の色・カラーコンタクトの可否・アクセサリーの可否・爪の長さ・スカートの長さなど細かく決められています。

そのような場所に面接に行くのに、その規定からあまりにはみ出した服装では部屋に入った瞬間にアウト、ということもあります。

また、厳しい服装規定がなくとも、看護師に一般的なイメージとして求められる清潔さや誠実さが見えるような服装は求められていると考えたほうが無難かもしれません。

落ち着いて丁寧な態度で明るくはっきりと受け答えをする

落ち着いて丁寧な態度で明るくはっきりと受け答えをするのが大事ですが、無理に声を大きくしたり高くしたりする必要はありません。

社会や家庭で様々な経験をしている看護師としての大人の立ち居振る舞いが求められます。ドアの開け閉めや部屋に入る時の足取り・お辞儀・着席の確認などは静かに丁寧にしたほうが好印象です。

また、受け答えは明るくはっきりとしましょう。看護師は明るさを求められることが多いです。無理に声を大きくしたり高くしたりする必要はありませんが、顔を上げて相手の目を見てはっきりと受け答えができるほうが好印象を持たれやすいです。

言うことは予め考えておいたほうが良い?

言うことは予め考えておいたほうが良い?

準備したことをそのまま言おうとすると焦ったり詰まったときに困ってしまいますよね。面接官の質問をしっかり聞いてその場で考えて答えたほうが、しっかりした受け答えができる人という印象を与えやすいです。

このときに、履歴書に無理をしたことを書いてしまうと、面接と話が合わない、ということになりかねません。ですから、無理をして準備をするとかえってそれが面接の邪魔になってしまうこともあります。

履歴書とあまりかけ離れたことを言ってしまわないように、履歴書を書くときから自分がどんな仕事がしたいのかということはよく考えてイメージを持っておいたほうがいいでしょう。

看護師の仕事には誠実さが求められますから、面接にも嘘や無理をせずその場で相手と向き合うほうがよほどあなたの誠実さが伝わりますよ。

ブランクを経たあなたの今の能力や、働く上での条件の希望についても、特に無理をしたり見栄を張らずにはっきりと話すことが大事です。

まとめ

いかがでしたか?ブランクがある看護師が久しぶりに面接を受けるとしたら、こんなことに気を付けて、というお話でした。

これは一般的なお話なので当てはまるところもあれば、採用先によっては看護師に求めていることも全然違うかもしれません。でも、採用先をよく知っていれば、面接への対応がしやすくなることはおわかりいただけたでしょうか?

ところで、ご存じでしたか?転職サイトのコンサルタントは面接のヒントになるような採用先の情報も掴んでいるんですよ。

どうも面接に自信がない、採用先を喜ばせるような面接ができるか不安という人は、コンサルタントに相談するのもありかもしれませんね。

ブランクありの看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? ブランクのある看護師に関する記事一覧

転職サイトランキングを見る