ブランクありの看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? ブランクのある看護師に関する記事一覧

ブランクのある看護師は元の職場に復帰するのがいいの?

看護師のあなたがブランクを経て再就職するとき、どんな職場にするか目移りしてしまいますよね。以前働いていた職場に復帰するのは手近で仕事の勘も戻りやすそうです。

退職した理由や職場の状況によっては復帰するのは、もしかしたら居心地が悪いかもしれませんが、あなたに有利な職場を選ぶのに背に腹は代えられないかもしれません。

ブランクを経て看護師が元の職場に復帰したらどうなるか、とうお話です。

ブランクを経て以前の職場に復帰するときのメリットは何?

看護師側のメリット

知識や技術などのブランクが埋まりやすく、仕事に馴染むのが早い

看護師側のメリットとして大きなものとしては、以前の職場に復帰すると仕事に馴染むのが早いということです。

ブランクがあると再就職にはどうしても知識や技術に不安がありますが、以前の職場なら新しく覚え直すことも少なくて済みます。また、ブランク前と似た仕事に就くことで仕事の勘や体の感覚も戻りやすいと言えます。

ブランクをあけて新しい職場に再就職するとなると、どうしても新しく覚えることがたくさんあって、働き始めの時期はそれがとても負担になることがあります。でも、以前の職場に復帰することでその負担を減らすことができるのです。

職場の情報をよく知っている

ブランクを経た看護師が再就職先を選ぶときに困るのは、相手先の状況がよくわからないために選びようがないということです。実際に働いてみると就職前に想像していたのとは全く違う様相の職場だったということもあります。

この点、以前に働いたことがある職場であれば、給与体系や就業規定・職場の雰囲気・教育体制なども知っているので、ある程度安心して再就職できますよね。

採用側のメリット

採用側としては、ブランクがあっても以前に働いた経験がある看護師が職場に復帰してくれるのにはメリットがあります。

一つは看護師側のメリットと同じように、採用側としても教育や指導の手間がかかりにくいということです。経営から見ると、最も経費がかかるのは人件費で、中でも育成中の看護師には特に経費がかかります。

ですから、ブランクがあっても職場を知っている看護師が復帰すれば即戦力になりやすいので、採用側としてはできれば採用したい相手だと言えます

ブランクを経ての職場復帰、ここに気を付けて

ブランクのある看護師にとって、以前の職場に復帰することはメリットが多いようにも見えますが、気を付けたいところもあるので、それを見ていきましょう。

本当に以前と同じ職場に復帰なの?

例えば、ある程度規模がある病院では、病棟や外来の科など部署が違うと全く雰囲気が違うことがあります。自分では同じ病院に復帰と思っていても、全然違う仕事を求められたり全く新しい知識を覚えなければならないこともあります。

ですから、できればどの部署に配属になりそうなのか確認しておいたほうがいいでしょう。

また、同じ病棟に復帰しても、人事異動で看護師長や看護師が変わっているとずいぶん雰囲気も変わってしまうことがあります。技術や看護体制や病棟編成が新しくなって仕事の内容も変わっていることもあります。

以前の職場に戻れるとわかっていても、今の職場の状況や業務の内容は確認しておくと、心の準備ができますよね。

中途採用では給与の評価が変わることがある

これは特に給与に関しての話です。

ブランクを開けての再就職も中途採用に含まれます。ところで、中途採用者に対して、さらにブランクがある者に対しては、経験年数が必ずしもそのまま給与に反映されるとは限らないことを知っておきましょう。

これはもちろんその医療機関によって取り扱いが違います。しかし、あなたが以前働いていたときの給与をベースに、復帰したときの給与をイメージしているとその想像を裏切られることもあります。

働いたことがあるだけに待遇を交渉するにも遠慮してしまいやすいですが、就職を決める前に給与や待遇についてはしっかり確認しておいたほうが良いでしょう。

ブランクがあっても理想的な職場復帰をするには?

以前の職場に復帰すると言えど、あなたは新しく採用される看護師の一人です。ブランクが長いほど、働き始めてから違和感を感じるかもしれません。

ブランクを経ての職場復帰を成功させるにはどんなことに心がけておくと良いでしょうか?

あなたがどんな仕事をしたいか、どんな働き方をしたいかを描いておきましょう

あなたがブランクを経てまでその職場に復帰するのには、何か動機があるはずです。この動機を自分でもしっかり考えて持っておきましょう。

あなたのやりたい仕事ややりたい看護をするのにその職場が適しているのかもしれませんし、あなたの思い描く働き方にその職場が適しているのかもしれません。

これは、最終的にあなたが職場復帰を選ぶか、他の職場を選ぶかという選択肢にも通じることですし、復帰した職場でどう働いていくかということにも通じることです。

職場の状況を知っているだけに遠慮したり気兼ねすることもあるかもしれませんが、状況にただ流されず、あなたらしい仕事・働き方をするには、「初心忘るべからず」かもしれません。

今の職場にいる看護師と今の仕事、そして今のあなたを尊重しよう

あなたが退職したブランクの間に、職場や看護師も確実に幾分かは変化しています。新しい知識や技術が入ってきたり、新しいルールができていたり、新しい働き方をしているかもしれません。

また、あなた自身をとりまく状況も、ブランクの前とは違っているはずです。あなたもブランク前とは違う働き方をしなければいけないかもしれません。

記憶にあるように働こうとして、それとは違う新しいことに出会うと人は少なからず不安や脅威を感じて、新しいことに抵抗したり前に進めなくなってしまうこともあります。

でもあなたの記憶にあるのは過去の職場であって、これから働かなければならないのは今の職場です。職場から見るとあなたは浦島太郎のような同僚かもしれないしタイムスリップしてきた同僚かもしれません。

今の職場や今の仕事、今の同僚、今のあなた、今の生活、今あることを大事にして職場に復帰すれば、それが成功する未来につながるのではないでしょうか。

そして、時々、過去と現在の狭間で頑張っている自分を褒めてあげましょう。

まとめ

いかがでしたか?ブランクがある看護師にとって、以前の職場に復帰するのは、とっつきやすく働きやすいかもしれませんね。

また、逆に就職先として選ぶには気を付けておきたいこともあることがおわかりいただけたでしょうか?

でも気を付けると言っても、前に働いたことがある職場だけに、どうやって情報収集したらいいか・どんな風に待遇について交渉したりすればいいのか、ちょっと困ってしまうかもしれません。

そんな時には転職サイトに登録してみるのはいかがでしょうか?コンサルタントは情報には詳しいですし、第三者を通すことで待遇の交渉や確認もしやすくなるかもしれませんよ。

ブランクありの看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? ブランクのある看護師に関する記事一覧

転職サイトランキングを見る